« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

June 29, 2008

ド・ビリーの「コシ・ファン・トゥッテ」を聴く

Mozart_3opera_2
昨日ド・ビリーのモーツアルトオペラをHMVで頼んだらもう届いたのでさっそく「コシ」から聴いてみました。予想通り颯爽とした序曲の開始でちょっとワクワクさせてくれます。重いオペラではないのでこれはいいですね。「英雄」と同じくウィーン放送交響楽団も上手でしかもパンフレットには3つのオペラそれぞれでの各奏者の名前がクレジットされています。これは珍しいです。純正の2管編成といった感じで、3つのオペラどれも弦楽器は1Vnが10人、2Vnが8人、ビオラが6人、チェロが4人、バスが3人そして通奏低音はチェンバロではなくフォルテピアノとチエロです。で、写真はパンフレットの裏面ですが楽しそうなメンバーの写真を良く見ると赤枠で縦横3段ずつに区切られています。ひょっとしたら縦横どちらで区切ってもコシ、フィガロ、ドン、での演奏メンバーになるんじゃないかと思っています。右上のシンバルが1人なのが気になりますがいかがでしょう。といってもこの画面じゃ分からないですねcoldsweats01
歌手も上手なのにこちらは名前が一切クレジットされていないのが不思議です。ドン・アルフォンソなんか本当に上手いのにね。2001年から2003年での最新録音がこんなに安く楽しめて大満足です。

テレビの前に花瓶を置いて黒いバックで花を強調してみました。
Bara2


| | Comments (0)

June 28, 2008

ビリーの英雄を聴く

最近よく名前を聴くベルトラン・ド・ビリーがナクソスミュージックでも聴けるのでまず「英雄」を聴きました。オケはウィーン放送交響楽団。まだ40歳代の若さなので予想通り早めのテンポでスイスイやってくれますがこれがなかなか快適なんです。私は指揮者を判断する時に「英雄」を基準にすることが多いのですが、それは1番2番はともかく少しいじってみたくなるこの3番では指揮者が裸になるような気がするんですね。その点ビリーはセンスの良さを十分出していてフレッシュなベートーベンを味わうことができました。評判だけのことはあります。ということでこの人の「フィガロ」などのオペラBOX(特価ですよ!)を注文したんです。happy01
Bara
さて、昼から雨が降り出したので家の中のまだ旬の紫陽花を写そうと思ったら同じマンションの方からバラを頂いたので一緒に記念撮影です。

| | Comments (0)

June 24, 2008

ヘンデル フルート・ソナタ Op.1 No.9 ロ短調

Atmcd1494_handelNML(ATM-CD-1494)から。名前は聞いたことがあるポ-ラ・ ロビソンのフルートです。フルートとチェンバロだけではどうしても重心が高くなるところをチェロが通奏低音の働きをしてバランスを取っていてとても落ち着いた響きです。この2枚のアルバムには10曲のフルートソナタが納められていて夜しっとりと聴くのに最適ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2008

またiTunesの話

何度も書いているんですがiTunesをDLする部屋と聴く部屋が離れているのでポータブルHDDを仲介してファイルフォルダをExportしています。昨日もiTunesの設定をいろいろ触っていたらLANで共有できることが分かりました。で、なにげに離れた部屋のノートPCのLAN設定を共有にしたら、なんとあっさりと繋がったではありませんか。おかげで400曲もあってExportをためらっていたフィッシャー=ディスカウのシューベルトを聴くことができました。これなら120GBのHDDを買わなくても良かったと思ったのですが、LAN設定はあくまで共有であってこちら側でプレイリストの作成は出来ません。また当然ですがメインのPCをオフにすると聴くことができません。しかしiTunesも慣れると楽しいものですね。

| | Comments (0)

June 22, 2008

幸せな週末

Ajisai2ゆううつな天気が続くけれどrain私はiTunesの設定が上手く行って大量の、本当に大量の音楽をゆっくりと聴けて幸せな週末でしたnote。土曜日はガーディナーの「クリスマス・オラトリア」を聴いてしまったのです。あまり重くない曲をと選んで正解でしたし、ガーディナーとこの団体の演奏も小編成で押し付けがましくなくて好ましく感じました。「マタイ」とか「ロ短調」もボチボチとゆっくり聴きます。で、今日はレヴァインの「ラインの黄金」を聴いたのですがこれが良かった。録音が良いのももちろんですがメトのオケがめっぽう上手いし歌手もすばらしい。これもどちらかと言うとあっさり系の演奏なんですが何せ曲の造りが頑丈極まるので物足らなさは皆無です。とにかくスカスカと進めていくレヴァインが良いですね。普段はヴァルヒャのバッハ、ケンプのシューベルトなんかが時間的にいいんですが休日はこういった大曲を聴くようにします。
さて、大雨が降ったので自慢の百合がしおれたのでこれも季節物のガク紫陽花と緑一杯の庭を写しました。

ネットが写るのがイヤなので200mm望遠です。
Ajisai1_2

表から見ると紫陽花が一杯なんですがズルして縁側から写しました。
Niwa_2

| | Comments (0)

June 20, 2008

iTunesの整理完了

iTunesであれこれ買ったのをオーディオルームのパソコンに移したけれど曲がバラバラになっていて困っていたらtaizoさんからソートを使う、と教えていただきました。トラック番号の表示やソートの仕方も何とかできて昨日やっとそれらしいプレイリストに整理できました。最初からこちらのパソコンでDLすればいいんでしょうがこちらは無線LANなので大きなファイルのDLには時間が掛かるんです。しかしやっと大きなスピーカーで鳴らして落ち着きました。いろいろ細工をしているので隣の小型システムを置いている部屋で寝転んで聴くことも可能です。とにかくtaizoさんに改めて御礼を申し上げます。

| | Comments (2)

June 17, 2008

ベートーヴェン ロマンス第1番

Cds522_beethovenNML(CDS522)から。ウート・ウーギのヴァイオリン、クラウデイオ・シモーネの指揮、イ・ソリスティ・ヴェネティの演奏。有名な2番ヘ長調ではない方です。可愛くてちょっと甘ったれで男性の前ではそれを武器にしているような妹と違って地味で真面目なお姉さんはきりっとしているのです。もちろん世間では妹のほうが圧倒的に人気者なんですがこういうしっかりしたお姉さんもいいんじゃないかと思うこの頃です。日曜日のお昼はいつも奥さんと「新婚さんいらっしゃい」を見ているんですがこの間は21歳で子供もいるお嫁さんが出ていて、ご主人がまだ学生なので生活を見てもらう代わりに10人世帯の家事を全部するという話を聞いて(いや見て)奥さんと二人で思わずウルっとしました。見終わってからも息子にこんなお嫁さんが来てくれたらなあと二人でため息をつきましたよ。いや、とても可愛いお嫁さんでしたがね(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 15, 2008

忙しい週末

Yuri4
色々と自分勝手に忙しい週末でした。まあ今週は仕事もでしたが何せたびたび記事にしているiTunesのダウンロードに神経とお金を使ったのが大きかったです。これはいいな、あれもいいなとはやる気を抑えながらしかしタイムセール販売であることは予測できたのでボチボチ買っていたのですが、今朝見るとほとんどが特売セールの終わりになっていたのであわててガーディナーの「マタイ」などを購入しました。結局今月になって7セットのお買い上げです。しかしどれもさすがの演奏で特にケンプのシューベルトは本当に素晴らしかった。柔らかい極上のタッチで録音も素晴らしく初めてと言っていいくらいシューベルトを堪能しました。アンダのモーツアルト、ピノックのモーツアルトなどもほぼ文句なしです。しかしワーグナー、ヴァルヒやガーディナーのバッハそしてフィッシャー=ディースカウのシューベルト全集はいつになったら聴き終えられるか想像もできません(笑)。

さて、百合が咲き始めたので久しぶりに庭の写真を写しました。白くて大きいのや黄色いの、そしてピンクのも咲いています。毎年のことながらこの季節にふさわしいすっきりとしたたたずまいは惚れ惚れします。

Yuri1

Yuri3


| | Comments (6)

June 12, 2008

モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261

Ptc5186064NML(PTC5186064)から。ユリア・フィッシャーの独奏、クライツベルク指揮、オランダ室内管弦楽団の演奏。8分程度の短い曲ですがモーツアルトの魅力一杯で疲れた時に聴くとホッとします。ユリア・フィッシャーは若くて美しく演奏も達者で私としては何の文句ありません(笑)。いや伴奏のオケも室内オケながら重心の低い安定した見事なサポートです。また、このアルバムの最後に入っている「ロンド 変ロ長調 K.269」は更に短い曲ですがもっと愉悦感があってこちらも楽しめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2008

Itunesの大攻勢

今月に入ってからiTunesでかなり買ったのに昨日もまたピノックのモーツアルト交響曲全集をクリックです。リヒターのマタイなどはパスしたんですが、バーンスタインの自作集やフッシャー=ディースカウのシューベルト歌曲集も出ています。2月頃に買ったアバドのマーラーやベームのモーツアルト、カラヤンのブルックナーは1ヶ月経たないうちに姿を消したのでどうしようかと悩ましい思いのこの頃です(笑)。ただ、昔3500円出して買った新譜のCDに必ずしも満足しなかった経験があるのでそれに比べると、ですよね。これまでに買ったアバドのマーラーは1部の曲に音切れの問題があるにせよ7番などすばらしい演奏だしカラヤンのブルックナーは文句なし、そしてまだ老化しなかった頃のベームのモーツアルトの颯爽とした切れ味もすばらしい。最近ではヴァルヒャのバッハ、カラヤンの豪華さは無いけれど質実で率直なヨッフムのブルックナーはやはり、と感じた次第です。うーん今月は特別Tunes月間にするかな、それとも強引に「父の日」オウンプレゼントにするかな(笑)。

| | Comments (4)

June 07, 2008

itunesで「指輪」をそして・・・

iTunesでレヴァインとメトの「指輪」があると教えていただいて、レヴァインのは新しいデジタル録音だと思い、あまり考えずに買っちゃいました。で、あとでよく見ると例によってたくさんの歌やシーンがそれぞれトラックで分割されているんです。試しに一部をCDに焼いてみるとボツボツと間が空いてしまいました。ウーン困ったなあと思ってiTunesの設定の項を良く見るとトラック間の時間設定が「なし」に出来るじゃないですか。で、早速これで焼くとまったく継ぎ目無しに再生できるようになりました。確か2月頃にはこの設定が出来なかったように覚えているんですがVer.Upがあったのでその時に改善されたのかもしれません。何しろメインのパソコンの部屋にある再生装置は1番小さいシステムなのでオーディオ部屋で本格的に聴くにはCDにしたいんです。でも良かった。バイロイトのセットは記念碑的な意味があるので適宜両方聴き分けます。で、ショルティのLPはそれこそ記念碑になりそうですね。そうそう、うれしくてヴァルヒャのバッハ全集も買っちゃいました。もうやけのやんぱちひやけのなすび状態です(笑)。

| | Comments (6)

ビゼー 「カルメン」

Bizet_carmen頼んでいたプッチーニのオペラ全集と共にカラヤンの「カルメン」も届きました。これはバルツァと入れたデジタル録音ではなく1963年にレオンタイン・プライスと入れたもので、オケはウィーンフィルです。昔友人が持っていたLPのハイライト版を聴いて印象に残っていたものですが手頃なお値段だったので注文しました。ちなみにホセはフランコ・コレルリ、エスカミーリオがロバート・メリル、ミカエラがミレッラ・フレーニという懐かしくも豪華な面々しかもでウィーン国立歌劇場コーラスの指揮があのウィリヘルム・ピッツとはさすがカラヤンの威光ですね。そして録音がとても鮮明だと思ったら何とジョン・カルショーでした。デッカとRCAのバーターの一環だったのですね。説明書を見るまで知りませんでした。実際に聴いてみると20ビットのリマスタリングのおかげもあって素晴らしい音でステージが再現されます。カルメンがカスタネットを打ちながら踊る様子もちゃんと動きを伴って再現されています。いわゆるソニック・ステージですね。さて、昔印象に残ったというのはあの「闘牛士の歌」でして、エスカミーリオが見得を切りながら歌う切れ目で必ずコントラバスが「ズンッ」と一発入れるんですよ。まるでワーグナーみたい(笑)。でもロバート・メリルの「闘牛士の歌」はステキでした。プライスのカルメンは妖艶さはなかなかのものですが男のいない場面ではとても真面目です(笑)。カラヤンの好みなのか相対的に重い雰囲気のカルメンですがやはりウィーンフィルのチャーミングな音色と鮮明な録音でこれは買って良かったセットでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2008

iTunesでまたブルックナー全集を

時々 iTunes Store を覗くのですがヨッフムがポリドールに入れていたブルックナー交響曲全集が1500円のお買い得でありました。もちろん速攻で購入したのは言うまでもありません。この間カラヤンの全集を買ったばかりですがヨッフムのもぜひ聴きたかったのです。ヨッフムはドレスデンとの全集をCDで持っているのですがなぜかもう1つピンと来ないのです。ベルリンフィルやバイエルン放送饗とでどんなサウンドが出てくるのか楽しみです。ちなみにヨッフムは2つの全集ともノヴァーク版ですね。このセット今日現在でベストセラーの4位くらいです。

| | Comments (2)

June 03, 2008

ショスタコーヴィチ 交響曲第10番

980302_shostakovich10NML(9.80302)から。アンチェルの指揮、チェコフィルの演奏。1955のモノラル録音だからあまり音は良くないけれどこれは恐ろしく気迫の入った演奏です。また初演が1953年の12月ですからきわめて早い録音でもあります。2楽章なんか私の知っているカラヤン、ショルティ、ヤンソンス、バルシャイなどより恐ろしく速いのですがこれはwikiに載っていたように出版のときのメトロノーム記号のミスプリントをそのまま使ったのかもしれません。4楽章に入っても凶暴な前進力止まず、しかもわざとなのか録音のためか耳につんざく木管や弦楽器の響きが逆に快いのです。政治的な話は避けたいのですがナチスに苦しめられたアンチェル、ソ連に苦しめられたチェコのコンビがこの曲をどういう思いで演奏したのか興味はありますがその前にこの演奏を聴くとアンチェルって偉大な指揮者なんだと改めて痛感します。チェコフィルもすばらしい演奏能力を披露しています。ナクソスの「9」で始まる歴史的名盤の中でもこれは文句なしの特選ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2008

ワルキューレ

Walkure 私にしては珍しくワーグナーセットを順調に聴き進んでやっと「指輪」の中核ともいえる「ワルキューレ」まで来ました。やっぱりここは面白いです。何よりもバイロイトのライブという音響がとても快いのです。オペラ特にワーグナーにはまったくの素人なんですがCDで聴いていてもオーケストラのライトモチーフで何となく進行状況が分かるし、歌手はさすがに一流どころなので安心して聴いていられます。特にビルギット・ニルソンってこんなにソフトな声なのかと驚きました。外見で判断してはいけません(笑)。いやLPでショルティとの「サロメ」のジャケット写真の強烈さが焼きついていましてね。さて、写真はこれも有名なショルテイのLPセットのものです。実は歌を追うのにLPセットのブックを使っていたのですがそれでは悪いので1幕をCDで聴き終わった後2幕はLPで聴いてみたのです。以外に違和感が無かったのは私の耳がボロイためか(笑)。いやホントにこのワーグナーセットを勝っておいて良かったです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

次男も東京へ

Koto1s 次男が仕事の関係で2ヶ月ほど東京へ行きました。やれやれ、これでしばらく夫婦2人で静かに暮らせます。これでビールの消費量も減るし、置いておいたおかずが全滅することもないので安心です(笑)。いやいやそこは背が高くて力のある息子がいると便利なことも多かったんですがね。もう年頃なのでいい人を見つけてこのまま家を出て行っても良いと思っているんですよ。写真はまったく関係無いんですがこれも永く家に有ったお琴をご近所で使ってもらうので久しぶりに引っ張り出したところです。奥さんが若いときに買ったものですが結婚して子供ができると弾くことはほとんどなくなりましたね。

| | Comments (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »