« ワーグナー 「ラインの黄金」 | Main | ラヴェル 「左手のためのピアノ協奏曲」 »

May 28, 2008

「コーラス」を観て

D111485755 夜、野球の無いときにはDVDレコーダーに取りためたコンサートや映画を観ることが多いのですが、昨夜見た2004年のフランス映画「コーラス」はなかなかの出来栄えでした。孤児や問題児を集めた寄宿学校に舎監として新しく赴任した音楽教師が合唱団を組織して歌を子供たちに教えていくというストーリーは感動ものですがそこはフランス映画らしくちょいとほろ苦い恋のお話もあります。ラストも気の利いたものです。写真のようにDVDも発売されています。

|

« ワーグナー 「ラインの黄金」 | Main | ラヴェル 「左手のためのピアノ協奏曲」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

木曽のあばら家さん
よく出来た映画でしたね。全体にさらりとした印象なんですが最後に親のいない少年を結局連れて行く場面ではさすがにホロリとしました。

Posted by: よし | June 12, 2008 at 08:38 AM

こんにちは。
この映画は封切り時に映画館で観ましたが
確かになかなか良かったです。
ラストで主人公が生徒からの手紙を拾う場面、
「何故全部拾わないの?」
とは思いましたが・・・。

Posted by: 木曽のあばら屋 | June 11, 2008 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/41352305

Listed below are links to weblogs that reference 「コーラス」を観て:

« ワーグナー 「ラインの黄金」 | Main | ラヴェル 「左手のためのピアノ協奏曲」 »