« バイロイトセットが届いた | Main | シベリウス クレルヴォ »

May 11, 2008

アダン ジゼル

Giselleカラヤン、ウィーンフィルの演奏。1962年の録音で当時「惑星」などカラヤンがウィーンフィルと斬新なレパートリーを録音していたその1つです。例によってカラヤン風のまず踊れないような演奏ですがどの曲も極めて柔らかいトーンで包んでコンサートスタイルとしては最高ですね。これはカラヤン・ウィーフィルセットにも納められていてワーグナーセットとどちらを選ぶか迷ったのですが結局ワーグナーセット+ジゼルで決着しました。写真はCDのジャケットですが最初開けた時はビックリしましたが、FFSSの文字がとても懐かしく思います。しかしDECCA(当時はLondon)レーベルは赤でしたね。

|

« バイロイトセットが届いた | Main | シベリウス クレルヴォ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

yurikamomeさん
TBありがとうございます。
実はyurikamomeさんの記事を読んで聴きたくなったというのが本音なんですよ。私はマルティノンとパリ音楽院のを持っていたのですがキビキビした体育系みたいな演奏なのでカラヤンのに憧れていました。でもジゼルの筋は結構怖いんですよね。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: よし | May 15, 2008 at 08:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/41168913

Listed below are links to weblogs that reference アダン ジゼル:

» アダン作曲、バレエ音楽「ジゼル」 [yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真]
 ここ数日の暖かい陽気は元気になります。明日からまた下り坂だそうですが、これからはどんどん暖かくなるのでしょう。この陽気だけでプラス思考になります。  今日の1曲。アダン作曲、バレエ音楽「ジゼル」。ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団。舞台のことも、筋もわからないのだけど、わたしの感じでは桜吹雪の舞う郊外の公園の桜山のイメージかな。ふわふわ、ほんわか。愉しい仲間や家族みんなでそこでバーベキューをしたり、鬼ごっこではしゃいだり。とにかく難しい悩みは全部置き去りで、老人... [Read More]

Tracked on May 14, 2008 at 10:54 PM

« バイロイトセットが届いた | Main | シベリウス クレルヴォ »