« レオ・ヴァイネル ディヴェルティメント No.1 Op.20 | Main | ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 »

April 10, 2008

サン=サーンス 動物の謝肉祭

980197santsaens NML(9.80197)から。フェリックス・スラットキンの指揮、コサート・アーツ管弦楽団の演奏。これも先生の記事の影響です。1953-1954の録音ですからモノラルですが音はとても良好です。しかしフェリックス・スラットキンとはとても懐かしい名前で、確か昔の東芝系キャピトルレーベルでどちらかというとポップス系クラシックを録音していましたからスラットキンといえば私には息子のレナートよりも身近です。演奏ですが、各奏者も達者な腕前で元気というか明るいというか楽しく聴けるクラシックの見本ですね。私が持っていたのは同じ東芝系のエンジェルレコードから出ていたクルツとフィルハーモニアのまじめなものでしたが「像」でのコントラバスのユニゾンで低音がどれだけ出るかがホント楽しみでした(笑)。しかしさすがのカラヤンもこの曲の録音はしなかったようですね。

|

« レオ・ヴァイネル ディヴェルティメント No.1 Op.20 | Main | ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40838376

Listed below are links to weblogs that reference サン=サーンス 動物の謝肉祭:

« レオ・ヴァイネル ディヴェルティメント No.1 Op.20 | Main | ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 »