« ブルックナー 交響曲2番 | Main | ハイドン ピアノ協奏曲 ヘ長調 Hob.XVIII:3 »

April 14, 2008

ハイドン ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Hob.VIIa:1

8570483_haydn_vnc14 NML(8.570483)から。ミュラー=ブリュールケルン室内管弦楽団の演奏、独奏はオーギュスティン・ヘイドリッヒ(かな)。いつものように気まぐれにナクソスミュージックから選んだのですがこれは大正解でした。この演奏団体の古典派の演奏はまず当たり外れが無いのですが特にハイドンはすばらしいと思います。一応ピリオド奏法なんですがノリントン氏のせいで嫌いになった私でも(笑)いいなと思わせる説得力があります。奏法にこだわるというより出来上がる音楽の形を考えて長年研究した演奏スタイルだからでしょう。 もう1つ聴いていて快いのは低音弦の響きがとても豊かなので重心が低いことですね。このアルバムにはHob.VIIa:1からVIIa:4まで4曲納められていますがハイドンのバイオリン協奏曲はもっと聴かれていいですね。

|

« ブルックナー 交響曲2番 | Main | ハイドン ピアノ協奏曲 ヘ長調 Hob.XVIII:3 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40876533

Listed below are links to weblogs that reference ハイドン ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Hob.VIIa:1:

« ブルックナー 交響曲2番 | Main | ハイドン ピアノ協奏曲 ヘ長調 Hob.XVIII:3 »