« チャイコフスキー 憂うつなセレナード | Main | J.S. バッハ 目覚めよ、と呼ぶ声あり »

March 05, 2008

シベリウス カレリア組曲

NML(BIS-CD-918)から。ヴァンスカの指揮、ラハティ交響楽団の演奏。昔、マゼールとウィーンフィルとの鮮烈な演奏で刷り込まれたのでこういったしっとりとした演奏を聴くと心底ホッとします。Biscd918_sibeliusヴァンスカとラハティ饗はシベリウスの多くの作品をNML(BISレーベル)に入れているので本当にありがたいですよ。ここでは2曲目の「バラード」にバリトンが入っていますが3曲目の「行進曲」でもただの大騒ぎではなく軽やかなリズムを見てもオケのメンバーが心底楽しんでいる様子が窺えます。

|

« チャイコフスキー 憂うつなセレナード | Main | J.S. バッハ 目覚めよ、と呼ぶ声あり »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40369161

Listed below are links to weblogs that reference シベリウス カレリア組曲:

« チャイコフスキー 憂うつなセレナード | Main | J.S. バッハ 目覚めよ、と呼ぶ声あり »