« 春雨 | Main | フンパーディンク 「ヘンゼルとグレーテル」序曲 »

March 24, 2008

プーランク ピアノと木管のための六重奏曲

NML(8.553611) プーランク:室内楽曲全集 1 から。Philippe Bernold (フルート)、Olivier Doise (オーボエ)、Herve Joulain (ホルン)、ローラン・ルフェーブル (ファゴット)、Ronald van Spaendonck (クラリネット)、アレクサンドル・タロー (ピアノ)による演奏。8553611_poulenc_chmber1プーランクのピアノ曲がなかなか楽しかったので期待して室内楽曲全集へも手を伸ばしました。プーランクをひとくくりで評論してはいけないのですが、しんねりむっつりしたところが無く明るく軽快でとにかくしゃれています。タローというピアニストは何度か来日していて有名ですがその他の木管奏者もみな達者でそれぞれの楽器の音色のミックス具合がとても快く感じます。春先にふさわしい曲です。ジャケットの絵も地味なものが多いNAXOSにしては明るくすっきりしていてこれもイイですね。

|

« 春雨 | Main | フンパーディンク 「ヘンゼルとグレーテル」序曲 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

cozyさん
「愛の小路」はジャン.アヌイの戯曲「レオカディア」の舞台音楽として作曲されたそうですね。
ダニエル・ダリューもフランス映画史上最高の美女だそうで。
いや、貴重な情報ありがとうございます。早速聴いてみます。

Posted by: よし | March 27, 2008 at 08:11 AM

NAXOSのプーランク室内楽全集には意外にもアレクサンドル・タローが参加していますが、第5集で「愛の小径」を歌っているのは何と、往年の大女優ダニエル・ダリュー! この歌は口で歌っているのではありませんね。このひとの人生が歌っている。そう感じられます。

Posted by: cozy | March 26, 2008 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40622712

Listed below are links to weblogs that reference プーランク ピアノと木管のための六重奏曲:

« 春雨 | Main | フンパーディンク 「ヘンゼルとグレーテル」序曲 »