« バッハ プレリュードとフーガ BWV545 (オネゲル編曲版) | Main | 庭の花 部屋の花 »

February 22, 2008

リスト 鬼火

NML(HCD31569)から超絶技巧練習曲No.8「鬼火」。本当に懐かしいシフラのピアノです。クラシックを聴き始めた頃友人のお父さんからリストの再来だと教えてもらって「ハンガリー狂詩曲」をお借りしました。Hcd31569_list_pc1それこそ抜群の切れ味なんですが底力があって冷たさを感じさせないのがシフラの特長ですね。最初は別のアルバムで「ラプソディー・イン・ブルー」を見つけたので聴いたのですがこれはあまり彼の名誉になる演奏でもなかったのでNMLの別アルバムからこの演奏を聴いたというわけです。NMLには演奏者のプロフィールもありますが「準備中」が多い中で彼のは数ページにも亘ってその波乱万丈の人生が書かれていました。貧しいため小さい時からピアノ演奏で家計を支え、結婚直後に兵役に取られて奥さんと離れたりハンガリー動乱で投獄されたため何年もピアノに触れない状態があったそうです。レパートリーも狭く内容が浅いと批判もされたようですがその不屈の精神と見事な技は賞賛されるべきだと思います。

|

« バッハ プレリュードとフーガ BWV545 (オネゲル編曲版) | Main | 庭の花 部屋の花 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

バラードさん

さっそく「半音階的大ギャロップ」を聴いてみました。まさにすごすぎですよね。sign03ハンガリー狂詩曲なんかこれぞ本当のハンガリーの音楽だと思います。リストの再来ですね。

Posted by: よし | February 23, 2008 at 01:56 PM

シフラのリストは面白いですね。
もともと難曲なのに、更にオクターヴ追加したりして超・超・超絶技巧ですnotes
恐らくリストの生演奏もシフラのように「楽譜に書いてない音」続出の演奏だったでしょうね。
私はシフラの演奏では半音階的大ギャロップが大好きです。
凄すぎて笑うしかない演奏ですよ。

Posted by: バラード | February 23, 2008 at 02:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40221383

Listed below are links to weblogs that reference リスト 鬼火:

« バッハ プレリュードとフーガ BWV545 (オネゲル編曲版) | Main | 庭の花 部屋の花 »