« 記念日 | Main | モーツアルト 交響曲41番(4楽章) »

February 12, 2008

タルティーニ ヴァイオリン協奏曲 ホ短調

NML(CDS131)から。フェリックス・アーヨのヴァイオリンと指揮、シンフォニア・ペルジナ管弦楽団の演奏。Cds131tartini_vnc_vol2
懐かしいアーヨの名前を見つけて思わず聴いた曲です。といってもアーヨの「四季」は持っていないのですがこのすばらしく美麗なヴァイオリンの音色は昔と同じなんでしょうね。このヴァイオリンでタルティーニの甘く切ないメロディーを切々と歌い上げてこりゃいいですよ。オーケストラと言っても弦だけで8人くらいでしょうか、なんとも優雅な演奏でこれがあの「悪魔のトリル」と同じ作曲家とは思えませんね。ちなみにタルティーニは20歳くらいからヴァイオリンを引き出した晩学な人ですがたくさんのヴァイオリン協奏曲を作曲していてアーヨも3枚のアルバムに録音しています。これはその第2集から選んだものです。

|

« 記念日 | Main | モーツアルト 交響曲41番(4楽章) »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/40098002

Listed below are links to weblogs that reference タルティーニ ヴァイオリン協奏曲 ホ短調:

« 記念日 | Main | モーツアルト 交響曲41番(4楽章) »