« バラキレフ 交響詩「ロシア」 | Main | 記念日 »

February 09, 2008

アーノンクールのベートーベン

YukiiTuneでアーノンクールとヨーロッパ室内管弦楽団によるベートーベンの交響曲全集を購入しました。交響曲以外にもヴァイオリン協奏曲、序曲集、荘厳ミサ曲、そしてプロメテウスの創造物まで入って(超)格安価格です。ピリオド奏法なのでかなり考えていたのですがこの間ナクソスミュージックで聴いたプロメテウスがとても気に入ったのと荘厳ミサに惹かれての購入です。ところがあまり期待していなかった交響曲がとてもいいんです。1番から3番までは本当にベートーベン時代はこうだったのかなんて思わせるような古典的な趣一杯で、ノンビブラートも控えめでいかにもピリオドだぞなんて押し付けがましい雰囲気が全然ありません。高性能で素直なECOだからアーノンクールの意図するものがそのまま出たんでしょうね。この組み合わせは大成功ですよ。でも7番などカラヤン風のレガートで始まりちょっとビックリ。これは少人数のためアタックがきつくならないための配慮かななんて思いました。5番が少しきついかなと思いますがこれはどうしても意気込みが入るのでしょうか。あと、驚いたのはヴァイオリン協奏曲で、1楽章の終わりのピアノ付のカデンツァには本当にビックリです。でもこれも大変美しい演奏でした。そしてお目当てのプロメテウスは優雅きわまる演奏でECOの木管と弦楽器の素朴で美しい掛け合いを聴いていると1時間が夢心地です。これは名曲ですよ。半分くらい聴いて思ったのはアーノンクールってとてもいい趣味なんだなということと、やはり素直にいうことを聞くオケとの組み合わせでそれが発揮できるんだということです。
昨日届いたオンキョーのオーディオボードを組み込もうと思ったらサイドカバーが開かない。あれこれやって結局Dellのサポートに電話したら10分以上待ってやっとつながり、話をすると裏面にある逆L型のレバーを下ろしてから引っ張ってくださいとのこと。なるほどチト恥ずかしい。しかしメモリの増設のことは書いているんだから説明書にこれ位は書いていて欲しいなあ。もう1台のHPにはそんなレバー無くてすぐに開くから、なんて言い訳か(笑)。さて、今日は朝から雪が降り続いてここらでは大雪の部類に入る状態です。車で出かけた息子は大丈夫かな。

|

« バラキレフ 交響詩「ロシア」 | Main | 記念日 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
クレーメルのカデンツァのことは聞いたことがあります。ituneは解説書が無いので詳しいことが分からないのでwebで調べます。happy01
ハンガリーはいいお天気みたいですね。こちらは今朝も「窓の雪」で電灯不要です。snow

Posted by: よし | February 10, 2008 at 08:24 AM

ヴァイオリン協奏曲ピアノ付のカデンツァ?
クレーメルですねnotes
シュニトケがクレーメルのために作ったカデンツァだそうですが、ティンパニも入って面白いですよね。

そちらは雪が積もっているんですかsnow
こちらはこの冬は暖冬です。世界的に異常気象ですね。

Posted by: バラード | February 09, 2008 at 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バラキレフ 交響詩「ロシア」 | Main | 記念日 »