« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲 | Main | F・クープラン スルタン妃 »

January 06, 2008

ワルターの声

LPを探していたらワルターのマーラー第九が出てきました。1961年1月の録音でオケはコロンビア饗です。LPだから2枚組ですがもう1枚練習風景が付録についています。ワルターの練習風景はベートーベンでも聴いているのですがマーラーの場合は指示がとても細かいのです。チェロとホルンとトロンボーンの重なるところでそれぞれにリズムと音符の切り方を指示しています。これじゃ時間が掛かって仕方ないなと思って解説を読んだら録音開始は前年の夏からだそうでやはり半年近く掛かるんですね。ワルターは1960年にマーラー生誕100年記念でウィーンでこの曲を振ったそうですがこの録音の次の年に86歳で亡くなりました。この曲が事実上彼の白鳥の歌なんですね。古い録音ですが以外に音がよくCD化すれば良いと思います。でもまだしんどくて全曲を聴いていません。写真はだいぶ片付いたプレーヤー周りですが撮影のため一時的に右の方へ退避させたガラクタ有りです(笑)。
Heya1

スピーカーの反対側の机の上にCDラックを置きましたが入りきらない箱物などは別のラックに入れています。あまり整理していないので聴きたいCDがすぐに出てきません。これからです。
Heya2

|

« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲 | Main | F・クープラン スルタン妃 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

おさかなさん♪
整理したというか以前がひどすぎました(涙)。
おさかなさん♪に申し訳なくて大反省してリフォーム作戦を決行したんですよ(笑)。やっと音楽を聴く部屋風になりました。
以前もUPしたんですがアバドとVPOのブラームスの4番(ライブ)を差し上げたいです。

Posted by: よし | January 24, 2008 at 08:09 AM

わぁ~、本当に整理されていますね♪
引越しで荷物を整理しましたが、
よしさんに頂いた
「ベルリンフィルと子供たち」や、
シベリウスのCDは大切にしています。

Posted by: おさかな♪ | January 23, 2008 at 06:22 PM

mozart1889さん
右側のラックは整理したんですが左のラックは家中散らばっていたのを集めて放り込んだだけなので
行方不明多数です(笑)。
しかし物忘れひどくなりました。ひょいとどこかに置くとその後大騒ぎになりますね(笑)。

Posted by: よし | January 07, 2008 at 03:36 PM

おはようございます。
CD、整理整頓されてますね。綺麗です。

僕もそのうちに整理しよう、しようと思いつつ、思っているだけでアカンです。
購入するたびにこの頃は積んでいく始末。時間軸で思い出そうとしても、最近は物忘れが激しく・・・・ダブり買いが頻発する前に整理せにゃイカンなぁと思っています。
いやはや、お恥ずかしい・・・・。

Posted by: mozart1889 | January 07, 2008 at 08:29 AM

実愛さん
新年おめでとうございます。
この部屋は最近まで長男の部屋でした。リフォームして少しきれいになりましたがまだまだです。CDの数はあるのですがレパートリーが偏っているので持っていない曲は多いです。実愛さんにもすばらしい年でありますように。

Posted by: よし | January 07, 2008 at 08:17 AM

よしさん、こんばんは♪
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
それにしても、本当にすごい数のCDたちですね!
お片づけがいかに大変かがわかります。
私はほんの少ししかCDを所有していないのにすでにぐちゃぐちゃです(笑)
今年もよしさんにとって素敵な1年になりますように☆
今後ともよろしくお願いいたします(*^-^*)

Posted by: 実愛 | January 06, 2008 at 06:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17595477

Listed below are links to weblogs that reference ワルターの声:

« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲 | Main | F・クープラン スルタン妃 »