« ベルリンフィル ヨーロッパコンサート in アテネ | Main | R・シュトラス 「英雄の生涯」 »

December 10, 2007

ブラームス ピアノ四重奏曲1番(シェーンベルク編)

8557524_brahms_pq1NML(8.557524)から。ロバートクラフトの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。昨日のベルリンフィルの演奏会の2曲目がこれ。ラトルはこういう曲になると本当に楽しそうだったのであらためてじっくり聴いてみました。昨日はリビングのテレビだし朝で大きな音が出せず、つまらないので余計な写真を写したり(笑)したけれど今回は真面目に聴きました。時々不思議なハーモニーが聴こえる以外はやっぱりブラームスですね。彼の室内楽で時々神経質に響く高音がオーケストラなのでまろやかになりいい感じです。ラトルはロマン派より現代の音楽に興味があるようなのでいずれストラヴィンスキー全集を出すんじゃないでしょうか。いや忙しくて全集は無理かな。このアルバムにはシェーンベルグのチエロ協奏曲や管弦楽曲もあり、クラフトとフィルハーモニアのコンビで聴けるのがありがたいです。

|

« ベルリンフィル ヨーロッパコンサート in アテネ | Main | R・シュトラス 「英雄の生涯」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17329153

Listed below are links to weblogs that reference ブラームス ピアノ四重奏曲1番(シェーンベルク編):

« ベルリンフィル ヨーロッパコンサート in アテネ | Main | R・シュトラス 「英雄の生涯」 »