« ベートーヴェン 交響曲第3番 | Main | ブラームス セレナード第1番 »

December 07, 2007

バーンスタイン ウェスト・サイド物語(抜粋)

8557878_westsideNML(8.557878)から。デオドレ・クチャルの指揮、ウクライナ国立交響楽団の演奏。抜粋といってもプロローグ、マンボ、チャチャーマリアのたった3曲です。合計8分。しかしジャケットをよく見るとどうも臨時のアルバムみたいです。でもこれは時間以外ではある意味掘り出し物の演奏です。何せ出だしから飛び切りの元気の良さで特に打楽器群は全力でブッ叩いております。まあこの曲をしっとりとされるよりはずっといいのですがやはりリズムの切れが悪いのが気になります。バーンスタインとニューヨークの演奏と比べるのが酷なんですがね。マンボなんか「ガイーヌ」かな?的雰囲気一杯であります(笑)。これでもう何曲か聴かせてくれたらという思いもあってちょっと辛口になりましたが、こういうハジケた演奏自体は大好きですよ。

|

« ベートーヴェン 交響曲第3番 | Main | ブラームス セレナード第1番 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17297128

Listed below are links to weblogs that reference バーンスタイン ウェスト・サイド物語(抜粋):

« ベートーヴェン 交響曲第3番 | Main | ブラームス セレナード第1番 »