« ショパン ワルツ14番ホ短調 | Main | 隠れクラシタン »

December 04, 2007

ヨハン・シュトラウスⅡ世 芸術家の生活

980049_strauss_karajan1955NML(9.80049)から。カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1955年の録音でモノラルだけど美しい音です。ナクソスミュージックにはヨハン・シュトラウスⅠ世の全集が第10集、ヨハン・シュトラウスⅡ世がなんと51集、ヨーゼフ・シュトラウスも26集まであります。とても聴ききれないですね(笑)。今日も「観光列車」を探していたらこのアルバムが目に入ったのでセレクトしました。カラヤンが指揮するとオケがウィーンフィルでなくても本当にエレガントなのです。ある意味正しいウィンナワルツかもしれない。続いて聴いた「皇帝円舞曲」はエレガントな上にさらに構えも大きくまさに「皇帝」です。疲れた時はウィンナワルツが良いですよ。

|

« ショパン ワルツ14番ホ短調 | Main | 隠れクラシタン »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17270892

Listed below are links to weblogs that reference ヨハン・シュトラウスⅡ世 芸術家の生活:

« ショパン ワルツ14番ホ短調 | Main | 隠れクラシタン »