« 雨の一日 | Main | ライナー大好き »

December 24, 2007

ショスタコヴィチ 室内交響曲 Op110a

ルドルフ・バルシャイの指揮、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ管弦楽団の演奏。弦楽四重奏曲8番を室内オーケストラに編曲したものです。くらーいショスタコヴィチが大嫌いな宇野先生もこの曲は聴くべきだとお薦めです。2枚で800円のお買い得CDでした。バルシャイは交響曲全集でも決して騒ぎ立てる演奏ではなく、物足らなさを感じたのですがこの曲などを聴くとショスタコヴィチの外面的な大げさな部分を排除して美しさを追求しているのだと思いますね。そういう点ではショスタコ入門に最適かもしれません。さて、今日はクリスマス・イブでしかも山口の奥さんの親戚から送っていただいたフグが食べられます。安いけれどおいしいドイツのワインなんか買ってきたので楽しみです。年賀状も書いた(プリンタですが)し、後は片づけが残っているんですがまあいいでしょ。今日は良い天気だったのでシクラメンを柔らかく写してみました。
Hana9

|

« 雨の一日 | Main | ライナー大好き »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17463916

Listed below are links to weblogs that reference ショスタコヴィチ 室内交響曲 Op110a:

« 雨の一日 | Main | ライナー大好き »