« ブランデンブルク協奏曲4番 | Main | グラズノフ レ・シルフィード »

December 18, 2007

C. シューマン ピアノ協奏曲イ短調 Op.7

8557552_c_schumann_pcNML(8.557552)から。ステファーニァ・リナルディの指揮、アルマ・マーラー・シンフォニエッタ、フランチェスコ・ニコロージのピアノによる演奏。ロベルトではなくクララが作曲したピアノ協奏曲です。演奏者はピアノ以外は全て女性ですが、これはほぼご想像の通りオケ自身の名前の由来が、知性的で美しく才能がありしかも積極的に女性作曲家を援助したアルマに因んだということです。要するに彼女は女性音楽家の鑑であるということですね。例によって興味半分で聴き始めたのですが、ところどころにご主人のロベルトやショパンの趣もあり結構楽しめました。特にピアノパートは男性的でもあって聴き応えがあります。8人の子供の母であり演奏旅行にも忙しかった身でありながらこれだけの協奏曲が書けたことは素晴らしい努力ですね。ちなみにこのアルバムに入っているピアノ三重奏曲の方はもっと上手に書かれててさらに楽しめました。

|

« ブランデンブルク協奏曲4番 | Main | グラズノフ レ・シルフィード »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17403018

Listed below are links to weblogs that reference C. シューマン ピアノ協奏曲イ短調 Op.7:

« ブランデンブルク協奏曲4番 | Main | グラズノフ レ・シルフィード »