« ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏17番「狩」 »

November 30, 2007

R. シュトラウス ホルン協奏曲 1番

Ph06005_r_strauss_horn1NML(PH06005)から。ヴァントの指揮、ケルン放送交響楽団、ホルンはヘルマン・バウマン。出だしから何とも豪快なホルンの音に圧倒されます。バウマンがバルブ無しのナチュラルホルンでモーツアルトの全協奏曲を吹いたLPを持っていますが少々苦しいにしてもなんというテクニックだと感心していました。だから普通の(?)ホルンならもう無敵ですよね。ブレインのように細かいテクニックというよりやはりバリバリ吹きまくるという感じの豪快さが魅力的です。このアルバムは「ヴァント・エディション」というシリーズの中の1枚で、メインはモーツアルトのピアノ協奏曲20番ですがこちらもフィルクスニー(懐かしい名前)の独奏でヴァントのサポートも見事な実にステキな演奏になっています。これも当ブログの推薦盤です。

|

« ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏17番「狩」 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17231213

Listed below are links to weblogs that reference R. シュトラウス ホルン協奏曲 1番:

« ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏17番「狩」 »