« ブラームス 交響曲1番 | Main | あと一歩 »

November 03, 2007

アバドのベートーベン ライブ1

相変わらず休みの日はせっせとカセットのバックアップに励んでいます。今回はアバドとウィーンフィルが1987年に来日してベートーベンの交響曲連続演奏会を行った録音からのお話その1です。当時私は真面目だったのでちゃんと全曲カセット録音が残っていたんです。で、まず最高に素晴らしかった3番から。3番自体大好きでLP時代も一杯集めたしこの演奏を聴いて指揮者の好き嫌いを決めるほどです。ウィーンフィルは例によって冒頭の2つの和音を少し外しますが以後はアバドの落ち着いたテンポにうまくのって実に優雅というか高貴な演奏を繰り広げます。こういうのを聴くとアバドって育ちが良いんだなと思います。こせこせしないし見栄を張ろうなんて気持ちが全然無いですね。おおらかで雄大で恰幅のいい演奏が最後まで続き、これこそが現代のベートーベンの最高の演奏ではないかと思います。ではアバドのベートーベン全集を買えば良いのか、というとそうでもないのが悩ましいんですねぇ(笑)。明日はその辺の理由を含めてその2をアップする予定です。さて、今日は次男の部屋のリフォームで奥さんも外出していたので何か落ち着かないし寂しいしで写真はありません。全然関係無いか(笑)。しかし畳の部屋をフローリングにする場合には強烈な騒音が出るんですね。お隣や特にお2階にも連絡はしておいたのですが申し訳ない。

|

« ブラームス 交響曲1番 | Main | あと一歩 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 交響曲1番 | Main | あと一歩 »