« ホルスト 組曲「惑星」から | Main | ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 »

November 28, 2007

ブラームス ハンガリー舞曲集

Hcd12571_hungarian_dancesNML(HCD12571から。イヴァン・フィッシャーの指揮、ブダペスト祝祭管弦楽団の演奏。ブラームスの編曲以外にF.Hidas、M.Schmeling、R.Schollum、そしてフィッシャー自身が加わった編曲もあるので、曲によってヴァイオリンやツィンバロンが参加します。最初に1番を聴いて「おお!」と感動。ブラームスの編曲ですがこの分厚い響きはいいなあ。2番からは10番以外は先ほど挙げた人達による編曲なのでツィンバロンが入り、ローカル色が出てステキです。実際にツィンバロンを聴かれた人に感想を聞いてみたいものですね(ほぼ名指しかな?)。どれを聴いても楽しいけれどローカルムード一杯で日本の演歌みたいな4番、ツィンバロンの短いカデンツァもある7番なんかいいですねぇ。また最後の方の19番から21番まではドヴォルザークの編曲にフィッシャーが手を入れたようですがもちろん充実した編曲で文句の無い仕上がりです。このアルバム本誌の推薦盤です(笑)。

|

« ホルスト 組曲「惑星」から | Main | ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
このオケの定期会員なんですか。
とても高い能力のオケだと思いました。1番は好きなんですがこれだけの演奏はなかなかありませんね。私もツィンバロンの音色大好きです。

Posted by: よし | November 29, 2007 at 08:22 AM

これはこれは、わがブダペスト祝祭管を取り上げていただきましてありがとうございます。
(このオケの大ファンで定期会員なのです♪)

このCDは聴いたことがないのですが、ツィンバロン入りの編曲だと、雰囲気が出てよさそうですね。
(ブラームスはジプシー音楽=ハンガリー音楽と勘違いしたようですが、これらは典型的ジプシー音楽だそうです)

ツィンバロンを初めて聴いた時、大きな耳掻きみたいな物で弦を打ち鳴らすのが面白く、習ってみたいと思ったまま年月だけが過ぎていきます・・・。
独特の物悲しい音色が胸に沁みますね~。

Posted by: バラード | November 29, 2007 at 02:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/17213078

Listed below are links to weblogs that reference ブラームス ハンガリー舞曲集:

« ホルスト 組曲「惑星」から | Main | ショパン エチュード Op.25 から「木枯し」 »