« お散歩カメラ | Main | 面白いカセットが出てきた »

November 11, 2007

アバドのベートーベン ライブ2

アバドの日本ライブ公演の記事の続きです。ベートーベンの9番まですべてカセットからバックアップした時に聴き直したのですが、先週すばらしいと書いた3番のあとで印象に残ったのは1番と8番ですね。こういう古典美あふれる曲では真正面に対峙するというアバドの先天的に素直な音楽性を感じます。ただ彼は結構血が騒ぐ方だと思うのですがそこはウィーンフィルががっちりとある線を越えさせないです。その取り合わせがブラームスでもそうでしたが、ベートーベンでも顕著に現れるので結局ダイナミックで美しく格調高い仕上がりになるわけです。もちろん他の曲も概ねそうなのですが、ただ5番に限っては私の好みなんでしょうが4楽章のホルンが気に入りません。ブログで歌うわけにも行かないのですが(笑)「たーらたーらららーー」の部分、ここをしまりなく吹奏させるのでそれまでの緊張感がぷつりと切れるんですよ。その昔このコンビの5番、7番の入ったCDを買ったらやっぱりそうなんです。だからそれ以上アバドのベートーベンを買わなかったというより本当はお財布の許可が出なかった。ということでアバドシリーズはお終い。というのは整理進行中のカセットの中からラトルとBPOのマーラーが出てきたので来週はこちらのお話です。何となく(勝手に)忙しいです(笑)。

Hana3


|

« お散歩カメラ | Main | 面白いカセットが出てきた »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お散歩カメラ | Main | 面白いカセットが出てきた »