« オーディオは泥沼それとも花園? | Main | ラフマニノフ 音の絵(レスピーギ編) »

October 04, 2007

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲二短調

Ptc5186001mozart_vc5NML(PTC5186001)から。ヴェスコ・エシュケナージのヴァイオリン、マルコ・ボーニの指揮、コンセルトヘボウ室内管弦楽団の演奏。正式名称は「 ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲」とあります。長く見つからなかった楽譜を1951年にメニューヒンが発見したそうです。有名なホ短調と比べて知名度がはるかに劣るにしても暗く悲劇的な出だしには惹きつけられます。管楽器や打楽器が入らないためか独奏ヴァイオリンに遠慮してなのか低い音域や低弦などが優先されているようです。ほんとかな(笑)。2楽章はヴァイオリンと低弦楽器の掛け合いもあってなかなか楽しめます。また3楽章の舞曲のような速いテンポのアレグロは聴きものです。多分初めて聴く曲ですがメンデルスゾーンってヴァイオリン協奏曲が上手ですね。ヴァイオリニストもよく知りませんが文句は無いしオケも美しい響きでサポート以上の仕事をしています。推薦です(笑)。

|

« オーディオは泥沼それとも花園? | Main | ラフマニノフ 音の絵(レスピーギ編) »

協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲二短調:

« オーディオは泥沼それとも花園? | Main | ラフマニノフ 音の絵(レスピーギ編) »