« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲二短調 | Main | 奥さん登ってます »

October 05, 2007

ラフマニノフ 音の絵(レスピーギ編)

Chan9822rachmaninovNML(CHAN9822)から。 ポリャンスキーの指揮、ロシア国立交響楽団の演奏。このアルバムにはレスピーギの編曲で作品33番と39番から5曲納められています。私はピアノ曲はあまり聴かないのでこういった編曲ものは大好きです。最初の「海とかもめ」は静かな中に何かが起こりそうな独特のムードがいいし、3番目の「葬送行進曲」はティンパニーの重々しい打撃や鐘の効果がとてもいいですね。最後の「東洋風行進曲」も楽しさいっぱいです。ラフマニノフ自身が編曲してもこんな感じかなと思うのですが随所に華やかさがあるのがさすがレスピーギですね。最近ラフマニノフのピアノ協奏曲を通して聴いているのですがロシアのオケで聴くとあの独特のほの暗さと激しさが本当にいいなあと思います。「音の絵」のオリジナルのピアノ曲は難局として有名だそうなので次は聴いてみます。しかし若い時のラフマニノフっていい男ですね。

|

« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲二短調 | Main | 奥さん登ってます »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/16666687

Listed below are links to weblogs that reference ラフマニノフ 音の絵(レスピーギ編):

« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲二短調 | Main | 奥さん登ってます »