« チャイコフスキー交響曲4番 | Main | 油断大敵 »

July 16, 2007

プッチーニ トスカ

Tosca台風は過ぎたけれど何となく重い天気です。虎も負けたので心も重い。で、気分転換にホント久しぶりにLPでオペラを聴きました。私でもちゃんとオペラ持っているんですよ(笑)。これはマゼールがローマ聖チエチーリア音楽院管弦楽団(長!)を振った珍しい録音ですが、トスカにビルギット・ニルソン、カヴァラドッシがフランコ・コレルリ、そしてあの悪人スカルピアになんとフィッシヤー=ディースカウを揃えた豪華メンバーなんです。1976年頃の録音ですがマゼールの指揮ということで話題になったので買ったことを覚えています。買ったけれどほとんど聴かなかったのでジャケットは色あせたけれどレコードは新品同様(笑)。しかし気分が重いときは歌が心に優しく響きます。長いけどオペラもいいものですね。1幕の終わりのオルガンや牧童の歌そして鐘の音などの効果音も適切で音だけで聴くLPにはとても魅力的です。レコード2枚約1時間40分聴き通せました。ニルソンはワーグナー歌手だと思っていたけれど気の強いトスカには向いていると思います。コレルリは文句なしで「星も光りぬ」なんて絶品です。フィッシヤー=ディースカウは知性的な歌唱や雰囲気のためそれほど悪人とも思えないけれどもちろん歌は立派ですよ。そしてマゼールのすばらしくメリハリの利いた指揮と歌手にピッタリ寄り添うオケが見事です。カラヤン亡き後オペラを振らせたらマゼールが一番じゃないでしょうか。特にトスカがスカルピオを刺してからカヴァラドッシが銃殺されトスカが飛び降りる終盤のクライマックスがすばらしかった。ジャケット(箱)写真はサンタンジェロ城ですが手前にテヴェレ川も写っています。ちなみに「ローマの休日」でアン王女達が踊ったり乱闘する場面での船はこの辺りに繋がれていたのですね。

|

« チャイコフスキー交響曲4番 | Main | 油断大敵 »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

haotoさん

ケンウッドのプレーヤーに定番のオーディオテクニカのスタビライザーですhappy01
LPはほとんど聴かなくなりましたがまだ健在です。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: よし | October 28, 2011 at 04:57 PM

ふるい記事にコメントですいません。

見慣れたスタビライザとプレーヤーが見えたもので(^^;

仕事でトスカ関連の画像検索をしていましたらたまたま見つけてしまい。
すこし嬉しくてカキコしてしまいましたm(_ _)m。

失礼いたしましたm(_ _)m

Posted by: haoto | October 28, 2011 at 03:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/15775877

Listed below are links to weblogs that reference プッチーニ トスカ:

« チャイコフスキー交響曲4番 | Main | 油断大敵 »