« 6月30日演奏会の感想 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノーム」 »

July 02, 2007

カラヤンのベートーベン全集(新装)

Karajan_bet785月に注文したカラヤンのベートーベン全集がやっと昨日届きました。1960年前半の最初のステレオ録音で私も何度か記事にしたものです。このときの録音のCDもバラで何枚か(正規盤ではない)持っているけれど2000円台の格安だったのでこの際紙ジャケットでも十分だと予約していたのです。それから入荷が遅れること1ヶ月。やっと届いたものを見たら何とちゃんとプラケースに入っていました。簡単なブックレットも入っています。天下のカラヤンに紙ジャケットではお粗末だとカラヤン財団か何かがクレームをつけたのでしょうか。私は安ければそれほど体裁にはこだわらないのですが録音場所や日にち、録音技師の名前が詳細に記載されたブックレットを見るとその真面目な姿勢には頭が下がります。早速7番から聴き始めてバリバリに元気だった頃のカラヤンと重心の低い当時のベルリンフィルサウンドを聴いて改めて感動した次第です。その後で聴いた恰幅の大きい8番は本当に名演ですね。

|

« 6月30日演奏会の感想 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノーム」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

mozart1889さん
私もカラヤンのベートーベンは1回目の録音が一番良いように思います。古風な演奏が主流であった40年前にこういう解釈をしたカラヤンはすごいと思います。録音もリマスターのおかげで新鮮です。

Posted by: よし | July 05, 2007 at 08:31 AM

よしさん、おはようございます。
カラヤンがDG1回目のベートーヴェン全集は、重心が低く、がっしりしたベルリン・フィルの音がいいですね。
8番はホンマの名演と僕も思います。録音が少し古くなりましたが、ドイツ音楽らしいベートーヴェンは、カラヤンのものの中では、この1回目がいちばんだと思いました。

Posted by: mozart1889 | July 05, 2007 at 06:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/15615464

Listed below are links to weblogs that reference カラヤンのベートーベン全集(新装):

« 6月30日演奏会の感想 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノーム」 »