« ラトルのドヴォルザーク | Main | ラベル 左手のためのピアノ協奏曲 »

July 28, 2007

ハチャトゥリアン ガイーヌから

Gayane_2ジャンスク・カヒッゼの指揮、モスクワ放送交響楽団の演奏。カートリッジを新しくしたんです。といってもこれまで使っていたテクニカのATM15EaGです。もう針先の寿命が来ているのは分かっていたのですが最近LPをよく聴くようになったので針先だけでなく本体ごと購入しました。金額はほとんど一緒ですしアームとのコネクタ部分が痛んでいたこともあります。で、新しいカートリッジで聴くと格段に美しい音で再生できるようになりました。早くすれば良いのにと言われそうですがCDをメインにしているとどうしてもそちらに投資が向くのでね(笑)。で、最初に聴いたのは以前記事にしたことがあるガイーヌなんですが「仮面舞踏会」にコメントくださったpetit-violaさんが「レズギンカ」が大好きだとおっしゃるので私の知る最高の演奏をご紹介しようと思ったわけです。レズギンカの普通の(?)演奏で良かったのは作曲者がウィーンフィルを振ったものだと思いますがこのLPはリズムを主導する小太鼓以外に木製(たぶん)の民族打楽器を使用していることでこれが小太鼓の間を縫うように拍子を取りながら時々「スコーン」と合いの手を入れるのが何とも爽快です。ただ、ガイーヌはハイライトでも聴くのがしんどいのであと「バラの少女の踊り」その他を聴いてお仕舞にしました(笑)。また「ガイーヌ」はフランス読みでロシア読みは「ガヤネー」だそうです。どうでもいいけど(笑)。メロディアの原盤ですがビクターからの発売なのでレーベルは懐かしい電蓄を聴くわんこの「His master's voice」です。そういえばウチのセラも息子のバイクの音は聞き分けて玄関で待っていたなぁ。

|

« ラトルのドヴォルザーク | Main | ラベル 左手のためのピアノ協奏曲 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

petit-violaさん
おはようございます
ジャンスク・カヒッゼ・・・確かに素性が知りたい名前ですね。
あの風変わりな打楽器を持ってくるというのはアルメニアの方なんでしょうね。
ハチャトゥリアンの演奏はCDが出ていますが事実上最高の演奏ですね。ウィーンフィルは深窓のお嬢様がコサックダンスを踊らされているようです(笑)。

Posted by: よし | July 30, 2007 at 08:28 AM

あららららー。私の名前がっ。びっくりしましたです。
お勧め盤ご紹介下さってありがとうございます。
ジャンスク・カヒッゼの指揮(誰ですかそれわ、と聞きたいところをぐっと押さえて)、モスクワ放送交響楽団の演奏、聴いてみたいです!
民族打楽器が合いの手に入るハチャ先生&ウィーンフィルも興味深々です。

・・・・私が聴く手立てはあるのかなぁ(汗)。

Posted by: petit viola | July 30, 2007 at 01:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/15927899

Listed below are links to weblogs that reference ハチャトゥリアン ガイーヌから:

« ラトルのドヴォルザーク | Main | ラベル 左手のためのピアノ協奏曲 »