« 今日は演奏会 | Main | カラヤンのベートーベン全集(新装) »

July 01, 2007

6月30日演奏会の感想

昨日の演奏会の感想を簡単に。まずアナスタシアさんとてもきれいな方でした。チラシの印象からドハデな衣装を着て出るのかと思ったけれど白い広がりのある清楚なドレスで化粧も地味であっさりと登場。後から知ったのですが彼女第10回(1990年)チャイコフスキーコンクールで1位無しの2位だったんですね。だから舞台慣れしているというか「チゴイネルワイゼン」の最初オケが鳴り出してもまだ髪の毛を触る余裕が。とにかく低い音から超高音までとてもきれい。聴くほうは難曲と思っているので緊張しているのに速いパッセージなどもそれなりにあっさりと進行していく様子からは単に普通の名曲として弾いている感じです。まあバリバリのソリストというより先生の模範演奏という感じです。だいぶ慣れた後半の「カルメン幻想曲」でよく観察できたのですが、姿勢良く立ってあまり身体を動かさずに弓が弦に対して常に直角に動くのがよく分かります。そのために右腕の主にひじ、手首そして肩の関節が実にしなやかに動きます。速いパッセージでも弓の速度はそれほど変わらないしオケのメンバーと比べると難曲でも弓の動きが少ないですね。実はこのホールの音がきついので3階の後ろの席を予約して後悔したのですが(笑)隣の奥様達は準備良くオペラグラスを持参していて私にも貸してくださいました。そうそう、忘れてましたが(笑)オケの演奏も良かったですよ。ケン・シエさん若くてテキパキした動作は好みだし、伴奏がとても上手です。これ大事なことですね。大好きな「道化師の朝の歌」や「スペイン奇想曲」も聴けて楽しい演奏会でした。演奏終了後彼女のCDを買うと直接サインが貰えるとあって大勢が並んでいました。が、私はお腹がすいたのでさっさと帰りました。花よりだんごデス(笑)。

|

« 今日は演奏会 | Main | カラヤンのベートーベン全集(新装) »

演奏会」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん
遠い席だったのでお顔より演奏スタイルが印象に残っています。チラシの「情熱の」ではなく「冷静に」ですね。プロコは彼女に合っているんじゃないでしょうか。

Posted by: よし | July 03, 2007 at 08:11 AM

アナスタシアさんのヴァイオリン演奏の印象、たいへんよくイメージできました(^_^)/
7月の山響定期、プロコフィエフの2番の協奏曲が楽しみです。
先のコルネリア・ヘルマンさんといい、どうも美人ソリストが続きますね(^o^)/

Posted by: narkejp | July 03, 2007 at 06:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日は演奏会 | Main | カラヤンのベートーベン全集(新装) »