« モーツァルト オーボエ四重奏曲 K.370 | Main | モーツァルト:弦楽五重奏曲 3番 »

June 28, 2007

ハイドン リュートソナタ ヘ長調

Biscd360haydn_luteNMS(BIS-CD-360)から。ヤコブ・リンドベルイのリュートとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる演奏です。最近はこういった静かな室内楽が心に染みるようになりました。本当はハイドンでオーボエ系を探したのですが見当たらなかったのでリュートにしたんです。さすがにヴィヴァルディのような華やかさは無いけれどしっとりとした曲調は当たりでした。特に2楽章のCantabileはステキです。弦楽だけの室内楽もいいのですが管楽器やリュートなどが入ると音色の違いからくる刺激がとても快いです。それにしてもNAXOSはもとよりBISとかフンガロトンなどのレーベルが地味な(一般的にです)音楽をコツコツ録音している姿勢は音楽に対する国の姿勢の違いなんでしょうか。考えさせられます。

|

« モーツァルト オーボエ四重奏曲 K.370 | Main | モーツァルト:弦楽五重奏曲 3番 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/15573894

Listed below are links to weblogs that reference ハイドン リュートソナタ ヘ長調:

« モーツァルト オーボエ四重奏曲 K.370 | Main | モーツァルト:弦楽五重奏曲 3番 »