« アマオケのプロ意識 | Main | 芦屋交響楽団 訂正 »

May 18, 2007

グリンカ ひばり(バラキレフ編)

Biscd981glinka_skylarkNML(BIS-CD-981)から。ヴィクトル・リャブチコフのピアノ。ナクソスのグリンカピアノ音楽全集(1~3)の3巻目の最後に収められている曲。歌曲集「ペテルブルクへの別れ」の第10曲「ひばり」をバラキレフがピアノ用にアレンジしたものです。これはリンクさせていただいている方のそのまたリンク先からの情報なんですが何ともうら悲しくも美しい曲です。特に高音域のキラキラはほとんどショパンですね。グリンカのピアノ曲ってポロネーズやマズルカなんて曲が多いこともありますがショパンを思わす風情があります。まあ健康的なショパンですが。グリンカはロシア音楽の父だそうですが裕福であったことと海外暮らしが多かったためかこれらの曲を聴く限りそれほどロシア臭さはありません。それはこのあとの5人組の仕事だったのでしょう。原曲は歌曲ですがこれもナクソスで聴けるのです。しかしグリンカはもっと人気が出てもいいと思います。

|

« アマオケのプロ意識 | Main | 芦屋交響楽団 訂正 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

実愛さん
ひばりの原曲は歌曲ですが他のピアノ曲もショパンのお好きな方ならどなたでもファンになると思いますよ。さて、いよいよ交流戦です。互いにがんばりましょう。さっそくヤフードームでありますね。

Posted by: よし | May 21, 2007 at 08:17 AM

バラードさん
グリンカのピアノ曲はステキな曲が多いのですがCDは少ないようですね。ハンガリーのお話も楽しく読ませていただいています。しかし最近のアホなタイガースの応援でかなり体力を消耗しました(笑)。

Posted by: よし | May 21, 2007 at 08:12 AM

よしさん、こんばんは!
バラードさんもいらっしゃいますね♪

グリンカは以前ノクターンを聴いたことがあります。
綺麗なメロディだった記憶がありますが、
先日から話題になっている「ひばり」が気になって仕方ありません。
早くCD買わなくちゃ(笑)

Posted by: 実愛 | May 20, 2007 at 10:56 PM

よしさん、こんばんは。ブログへのご訪問ありがとうございました。
グリンカの「ひばり」の切ないメロディーに取り付かれ、他のピアノ曲も聴いてみたいと思っていました。
ハンガリーは音楽の国のはずなのに店頭に並ぶCDの数はあまり多くないので、夏に一時帰国した時にでもご紹介のCDを是非購入しようと思います。

Posted by: バラード | May 20, 2007 at 09:29 PM

先生、わざわざコメント恐縮です。
元ネタはキーシンのCDに入っていて良かったとの記事を読んで聴いたのです。記事にしたグリンカのピアノ曲集自体がなかなかすばらしいものでしたがこれもブログつながりのおかげです。グリンカ以外にもキュイ、バラキレフといった五人組の仲間も聴くつもりです。確かにNMLが無ければ私など絶対お目にかかれない曲ですね(笑)。

Posted by: よし | May 20, 2007 at 06:38 PM

これは珍しい音楽をご紹介下さり、感謝感謝です。
グリンカまで全く…でした。このような録音があるとは全く知りませんでしたし、NMLがなければ一生出会うことなく終わったかも…です。
「ひばり」は楽譜しか持っていません。実は伴奏パートを弾いたことはあるのですが、聞いた記憶が全くない曲です。でも伴奏ですが弾いたこともあり、久しぶりにこのエントリを読んで楽譜を引っ張り出してみました。
哀愁漂う良い曲ですね。勉強になりました。

Posted by: Schweizer_Musik | May 20, 2007 at 03:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/15113752

Listed below are links to weblogs that reference グリンカ ひばり(バラキレフ編):

« アマオケのプロ意識 | Main | 芦屋交響楽団 訂正 »