« J・C・バッハ 2つのオーケストラのための交響曲 | Main | アルベニス スペイン組曲 No.1 »

May 31, 2007

ベートーベン交響曲6番「田園」

Beethovensm6_walterブルーノ・ワルター指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏。録音は1946年の1月。歴史的録音BOXセットに入っていたものです。安かったので買ったものの正直言って私は録音の悪いのは嫌いなんです。美しい音を聴きたい一心で高校の授業中もアンプの設計に心血を注いだおかげで化学の試験の点数が9点(100点満点ですよ・・涙)なんてとったほどですから(笑)。いや笑い事でなくその後の夏休みは必死に勉強して、でもおかげで結構化学が好きになりました。話が飛びすぎた(笑)。だからいくら歴史的演奏でも気持ちが入らないことが多いのですが、この「田園」だけは最初の10秒ほどで惹かれてしまったのです。もう雰囲気が違うんですよ。最初良ければ後はまっしぐらですね。全楽章何ともまろやかで美しい歌が聴けました。本当にどこも歌心一杯の「田園」です。録音なんてぜんぜん気になりません(笑)。これでウィーンフィルなら、と思われるでしょうがフィラデルフィアのつややかな音色がまたすてきなんですよ。音もまずまず良く、代表的なワルターの「田園」と言えますね。ちなみに2枚組の片方トスカーニではホロヴィッツとのチャイコンなどがあり天下の名演なんでしょうが音が悪すぎてさすがに途中で止めました。私はチャイコンはアルゲリッチとコンドラシンとの果し合いのようなLPがあれば十分ですね。

|

« J・C・バッハ 2つのオーケストラのための交響曲 | Main | アルベニス スペイン組曲 No.1 »

交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベートーベン交響曲6番「田園」:

« J・C・バッハ 2つのオーケストラのための交響曲 | Main | アルベニス スペイン組曲 No.1 »