« 背景の模様替え | Main | 桜は満開 お天気は曇り »

April 06, 2007

ウォルトン ヴィオラ協奏曲

Chan9106walton_violaNML(CHAN9106)から。ジャン・レイサム=ケーニッヒの指揮、ロンドンフィルハーモニック、今井信子さんの独奏です。丘さんに教えていただいたので早速エントリーさせていただきます。1962年版ということなのでまあ現代の曲ということになりますがどの楽章もとても親しみやすいし特に2楽章のVivoなんてオーケストラが目が覚めるような活躍をするのでとても快適です。でも独奏の時はしっかりサポートに徹してヴィオラを浮き立たせます。ステキな曲です。代表的なヴィオラ協奏曲と言ってもいいのではないでしょうか。というかこれまでちょっと遠慮していたウォルトンを聴こうと思いました。しかしヴィオラ流れでどうやら今週は今井ウィークになりましたね。

|

« 背景の模様替え | Main | 桜は満開 お天気は曇り »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

ウォルトン本当に良かったです。
教えていただいて感謝です。
ヴァイオリン協奏曲も探してみます。
他の方のブログってとても参考になりますね。

Posted by: よし | April 08, 2007 at 02:12 PM

こんにちは。早速お聴きになりましたか。
同じ盤ですね。
ヴィオラもいいけれども、ヴァイオリン協奏曲も気に入っています。
諏訪内晶子、ハイフエッツ、いいですよ。(^。^)
ケネディが両方をいれているのもあります(EMI輸入盤)。

Posted by: | April 07, 2007 at 01:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/14563969

Listed below are links to weblogs that reference ウォルトン ヴィオラ協奏曲:

« 背景の模様替え | Main | 桜は満開 お天気は曇り »