« 春が来た | Main | ボロディン 交響曲2番 »

March 21, 2007

グリーグ 「白鳥」

Chan10287xgriegNML(CHAN10287X)から。ロジェストヴェンスキーの指揮、王立ストックホルムフィルハーモニックの演奏。タイトルの曲は歌曲OP.25-2「白鳥」。2,3分の短い曲ですがこれぞ北欧の詩人グリーグの世界といった風情に満ちています。同じく有名なOP.33-2「春」もため息が出るほどの美しさです。しかも歌っているソプラノの名前がソルヴェイグ・クリンゲンボルンですよ。おまけにこのアルバムには彼女が歌う「ソルヴェイグの歌」もあるのでもう完璧(笑)。オケは地元だと言えばそれまでなんですが何とも清潔なアンサンブルで美しさに花を添えています。その他の「交響的舞曲」「十字軍の戦士シグール」などではロジェストヴェンスキーのダイナミックな指揮で楽しめます。グリーグはピアノ協奏曲だけでも十分大作曲家だと思っていて特に2楽章は今は亡きダイアナ王妃の葬儀で使われていた記憶があるのですが思い違いでしょうか。私は作曲家の生き方で作品を評価するのはきらいなんですが、グリーグのように真面目一方で無頼漢ペール・ギュントの作曲を躊躇したほどの人だから音楽も心底美しいのではと思ってしまいます。家庭的でそれこそ「死が二人を分かつまで」夫婦仲良く暮らしたそうです。うーん、今日の記事は奥さんには内緒にしときます(笑)。

|

« 春が来た | Main | ボロディン 交響曲2番 »

声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グリーグ 「白鳥」:

« 春が来た | Main | ボロディン 交響曲2番 »