« 生のシンフォニーホールを見た! | Main | シューマン 交響曲3番(マーラー編) »

March 19, 2007

クライスラー 「美しきロスマリン」

Chan6608violin_musicNML(CHAN6608)。ヤン・パスカル・トルトゥリエのヴァイオリン小品集から久しぶりに聴くクライスラーの名曲です。そういえば最近クライスラーの名前をあまり聴かなくなったのは単に私がCDを買わないせいなんでしょうか。大昔にフランチェスカッティのレコードを持っていましたが本当に久しぶりに聴きました。この曲はリズムの刻みが独特でWikipediaによると中間部に半音階の「スピカート」とか「ヘミオラ」を活用して変化をつけているそうですが例によってよく分かりません(笑)。ヴァイオリンの難しいことは分からないにしても美しいだけでなく品もあってホントすばらしい曲だなと思います。指揮者だと思っていたヤン・パスカル・トルトゥリエは本来ヴァイオリニストなんですね。この他にドヴォルザークの「ロマンス」やエルガーの「朝の挨拶」などもあって楽しめるアルバムです。今日もジャケットセレクトです(笑)。

|

« 生のシンフォニーホールを見た! | Main | シューマン 交響曲3番(マーラー編) »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/14314421

Listed below are links to weblogs that reference クライスラー 「美しきロスマリン」:

« 生のシンフォニーホールを見た! | Main | シューマン 交響曲3番(マーラー編) »