« レーガー モーツアルトの主題による変奏曲とフーガ | Main | メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 »

March 13, 2007

プーランク 「雌鹿」

Chan9023poulencNML(CHAN9023)から。ヤン・パスカル・トルトゥリエの指揮、アルスター管弦楽団の演奏。アルスター管は2005年まで湯浅卓雄氏が主席客演指揮者をしていた北アイルランドのオーケストラですが大野和士氏も振っていたようです。プーランクは例のオルガン協奏曲は別としてこういうセンスのある曲が多いので大好きです。「雌鹿」は小編成のバレエ音楽ですが第1曲目を聴けば誰でもリラックスできる佳品ですね。CHANDOSではこの他にもBBCフィルの演奏がありましたが例によってジャケットでこちらを選びました(笑)。軽快で愉悦感のある曲想は時々モーツアルトにたとえられるそうですが私はカバレフスキーを思い出します。このCDには他にミヨーやイベールの有名曲も入っているしオケもなかなか切れ味の良い演奏をしています。

|

« レーガー モーツアルトの主題による変奏曲とフーガ | Main | メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/14247922

Listed below are links to weblogs that reference プーランク 「雌鹿」:

« レーガー モーツアルトの主題による変奏曲とフーガ | Main | メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 »