« プーランク オルガン協奏曲 | Main | オネゲル 交響曲5番「3つのレ」 »

February 22, 2007

コリン・マシューズ 「冥王星」

Holst毎回ですがナクソスライブラリー(8.555776)からホルストの惑星組曲に追加された、コリン・マシューズ作曲による「冥王星」の感想を。演奏はデビッド・ロイドジョーンズ、スコットランド国立管弦楽団。2000年にハレ管弦楽団とケント・ナガノのために作曲されたときは賛否両論だったそうだが、ホルストが当然ながら「海王星」で上手く締めくくった終曲に追加するのひと苦労だったと思う。7分くらいの曲ですが、さすがに静かなだけではなく途中で「春の祭典」風の一暴れがあり最後にほんの数小節女声合唱が入って終わりです。まあ私の感想では「海王星」で終わるほうが宇宙へのロマンや情緒があっていいと思う。ちなみに作曲者のマシューズ氏はクックと協力してマーラーの「10番」を完成させたそうでイギリス音楽界の重鎮だとwikipediaに書かれていました。

|

« プーランク オルガン協奏曲 | Main | オネゲル 交響曲5番「3つのレ」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/13971954

Listed below are links to weblogs that reference コリン・マシューズ 「冥王星」:

« プーランク オルガン協奏曲 | Main | オネゲル 交響曲5番「3つのレ」 »