« 背景一新 | Main | ルーセル 弦楽のためのシンフォニエッタ »

February 28, 2007

コダーイ ガランタ舞曲

Chan8877kodalyナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML) CHAN8877から。ネーメ・ヤルヴの指揮でオケはなんとシカゴ交響楽団です。CDを持っていないガランタ舞曲をシカゴで聴けるのは幸運です。チェロ、ホルンそしてクラリネットのソロから始まる哀愁を帯びた開始部から後半のフリスカまでオケが上手いので文句は無いのですが、ヤルヴィの指揮はかなり冷静でオケのせいもあるのでしょうがシンフォニックですらあります。でもコダーイなんですからもう少し民族的な色合いも欲しいところですね。ついでにお気に入りの「ハーリ・ヤーノシュ」の間奏曲も聴きましたがハンガリーの民族楽器のツィンバロンは私には日本の琴に聴こえるのですね。女子十二楽坊の後ろの方にもツィンバロンに似た楽器がありますが、その昔シルクロードを通って伝わったのでしょうか。これも同系統のまじめな演奏で私はケルテスのはじけた演奏のほうが好みですね。今日もジャケットで選びました(笑)。

|

« 背景一新 | Main | ルーセル 弦楽のためのシンフォニエッタ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/14065905

Listed below are links to weblogs that reference コダーイ ガランタ舞曲:

« 背景一新 | Main | ルーセル 弦楽のためのシンフォニエッタ »