« 記念日 | Main | 神戸に行きました »

February 14, 2007

バッハ 無伴奏パルティータ1番

Hana2sグリュミオーの演奏。疲れたときに聴くと気持ちがスッキリします。前にも彼の演奏で同じバッハの3番をエントリーしましたがやっぱりこの人の演奏大好きなんです。音色が美しい以上に力強さがあり見せびらかさないにしてもテクニックもすばらしく、このバッハ以外にもモーツアルトの協奏曲、ソナタ、ヘンデルのソナタなどどれを聴いてもヴァイオリンの醍醐味をたっぷり味わえます。さて、バッハの無伴奏では2番が有名ですが私はこの1番が好きです。というか何番でも大好きです(笑)。本当にヴァイオリン1本で交響曲のような音楽を奏でられるのですから改めてバッハの偉大さを実感します。グリュミオーはコンビを組んでいたハスキルが亡くなった後は心底がっくりしたそうですが、その後ベルギー政府から男爵の称号を与えられたとWikipediaに載っていました。写真はバッハとは関係ないのですが窓際のシクラメンがきれいだったので写したものです。

|

« 記念日 | Main | 神戸に行きました »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/13891576

Listed below are links to weblogs that reference バッハ 無伴奏パルティータ1番:

« 記念日 | Main | 神戸に行きました »