« Merry Christmas ! | Main | 年末第九特集 »

December 24, 2006

アルビノーニ 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」

Viwaldi_flcクリスマスに適切な曲はないかと物色してたら出て来たCDです。ジャケットのタイトルもこのアルビノーニの「アダージョ」とパッヘルベルの「カノンとジーグ」がメインになっています。カラヤン、BPOの極めつけの演奏で例の「カラヤン・アダージョ」のさきがけとなったものですね。しかし12分足らずの曲をこれだけ壮麗に優美に演奏してドラマを作り上げられるカラヤンの才能に脱帽です。その他にもヴィヴァルディのフルート協奏曲「夜」、バッハの「G線上のアリア」、グルックの「精霊の踊り」(ここでのカール・ハインツ・ツェラーのフルートがすばらしい)、モーツアルトの「セレナータ・ノットゥルノ」など落ち着いてクリスマスを過ごすにはちょうど良いCDでした。

|

« Merry Christmas ! | Main | 年末第九特集 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

このジャケットはイタリアかどこかの貴族のお家での祭典を描いたものでどこかの美術館の所有だそうです。(ジャケットにはちゃんと書いていましたが)
最初ヴィヴァルディのフルート協奏曲でエントリーしようと思ったのですが、このアダージョの強烈なインパクトに負けました。やりすぎとも思うのですがやっぱりすごいですね。

Posted by: よし | December 26, 2006 at 12:29 PM

このジャケット、懐かしいです。LPで持っていたのですが、以前、後輩に貸したまま返ってこなくなってしまいました。
演奏は、カラヤンの濃密な表現が独特で、ゆったりしたテンポがたまりません。小編成の室内楽団やバロック・オケにはない魅力がありますね。
結局、CDで買い直しましたが、LPジャケットが綺麗だったので、手元にないのが少し残念です。

Posted by: mozart1889 | December 26, 2006 at 09:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/13184413

Listed below are links to weblogs that reference アルビノーニ 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」:

« Merry Christmas ! | Main | 年末第九特集 »