« ブラームス 交響曲4番 | Main | 紅葉とバラ »

November 07, 2006

のだめ 4回目

「のだめ」また見ました。最初の珍しさから慣れてくると少し気になるところ、ウーン上野ちゃんの演技チョイオーバーかな。これはコミックを見ていないと理解できない部分もありそう。でも何より楽しかったのはのだめがピアノでベト7を弾くシーン。正直オケで聴くよりずっとこの曲のよさが分かる。あとは最後の峰をはじめ全員でのロック弾きはサイコーでした。峰の親父のラーメン店主もすごい適役。玉木君もマジかっこいいというか千秋役にぴったり。一杯飲んで眠い目で見始めたのでダイトルが出たとき「のだめガスタービン」に見えたデス。

|

« ブラームス 交響曲4番 | Main | 紅葉とバラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

書きそびれたのですが、天然のだめのピアノが悩める千秋にインスピレーションを与えるというコンセプトなんですね。Sオケ(演奏はたぶん東饗)は上手なのでもう少し下手な方が実感は出来ますね。

Posted by: よし | November 09, 2006 at 01:16 PM

家族揃って観ています。漫画も全巻揃えました。
面白いですねぇ。ドラマも大変に面白いです。
これ、クラシック音楽に縁のない友人たちも面白いと云っています。使われている音楽が分かると、もっと楽しいぞ・・・とボクは話しています。
キャストも良いですね。のだめ、千秋、峰、真澄は、観ていて楽しいです。

Posted by: mozart1889 | November 09, 2006 at 09:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 交響曲4番 | Main | 紅葉とバラ »