« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

October 29, 2006

ベートーベン 交響曲5番

カルロス・クライバー、VPOの演奏。このCDにはこれ1曲33分19秒だけです。ああもったいない!でも廉価CDだからいいとしよう。LPの時は未完成とカップルで入っていたけれど片面33分だから音は良くなかった。音の良いCDで聴くとクライバーとVPOのコンビのよさもあってステキな名演奏を堪能できる。いつものように明るくスタイリッシュなクライバーだけどVPOが調和を保って新鮮かつ正統的なベートーベンになっている。超スピードの4番はLPで聴いているのであとは3番が聞きたいなぁ。それにしてもライナー、カラヤン、クライバーなど格調高い現代的な演奏があるのにアバドやラトルでそうでなかったのはなぜだろう。

| | Comments (4)

October 28, 2006

ドヴォルザーク スラブ舞曲

Slavonic_dancesノイマン、チェコフィルハーモニックの演奏。極め付きのお国ものです。1985年のデジタル録音で懐かしいスプラフォンのブランドですがPCMとあるので録音はデンオンが行ったのでしょう。20年ほど前に買ったもので1枚4000円ほどしたと思います。それに当時のCD再生装置との相性が悪かったのか硬い音がするのであまり聴かれなかったものです。久しぶりに小さなシステムで聴くと良い音ですし、演奏はもちろん文句なし。OP46の7番(スコチナー)冒頭でのひなびた音色のオーボエとファゴットの掛け合いや同じく8番(フリアント)の開始直後の弦楽器による哀愁を帯びた対旋律そしてポップにリズムをつけるトランペットなどを聴くとこれぞボヘミア、なんて思いますよ。そして何といっても白眉はOP72の10番ホ短調(マズルカ)。クライスラーの編曲によるヴァイオリンソロでも有名ですが、よく見るとマズルカはポーランドの舞曲だからスラブ舞曲といっても結構幅広い地域を取り込んでいるのですね。そしてお国ものだから当然とはいえチェコフィルはノイマン指揮の下すばらしい演奏に終始しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホルスト「惑星」

Planetsレヴァイン、シカゴ交響楽団の演奏。1989年のデジタル録音ですこぶる良い音です。「惑星」はカラヤン、VPOでのすり込みがあるので他の演奏を聞くとどれも荒っぽく聴こえて、これも例外ではなかったけれど購入当初に比べるとそう思わなくなりました。LPにしてもCDにしても装置で印象が変わるのが再生音楽の弱みですねぇ。美しく聴くコツはあまり音量を上げないことです。ハハ・・。さて、演奏はもう立派なもので「木星」の導入部のホルンなど惚れ惚れするほど上手。もちろん中間部のまったりとしたメロディーもしつこくない程度に英国的な品位を持って美しく奏でられております。でも「惑星」の中で私が好きな星は「天王星」で、ここでの管楽器群と打楽器の活躍はホントに楽しいし、シカゴがメッチャうまい。久しぶりに聴いたのですがとても楽しめました。ジャケット写真は「ダ・ヴィンチ・コード」にも出てきて有名になりましたね。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 22, 2006

ショスタコヴィッチ 交響曲6番

Shosta6ザンデルリング、ベルリン交響楽団の演奏。これはザンデルリングBOXの中の1枚。このBOXにはボロディン、フランク、ブルックナー、マーラー、ショスタコヴィッチ、シベリウスとおよそ私の好みの交響曲が16枚入っていてかなりの徳用価格でした。しかも演奏はどれも立派なものでまさにお買い得です。しかしBOXセットというのは結構選択が難しくてどれにしようかな(?)と迷ったあげく聴かない、なんてことにになりがちです。そこで先週から1セットを車に積んでとにかく1枚目から聴いています。片道15分足らずですがこうすればいやでも全曲聴けるし車で聴く楽しさも格別です。さて、6番は以前バーンスタインとVPOでエントリーしたのですが今回聴いてザンデルリングの腕もすごいと思いました。この人はこのBOXの各曲とも体質的に合うようですがショスタコヴィッチは特に相性が良いみたいです。1楽章のもったりとした粘りと3楽章のプレストの対比など聴き応えがあります。オケも優秀ですがクラの音色がちょっと軽くてあまり好みではないのがちょっと残念ですね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 17, 2006

「のだめ」見ました

見ました。原作の雰囲気をそのままドラマにした感じですね。というか狙いは「のだめ」のファンをそのままテレビでも頂いちゃおうというのだから忠実に再現することが大事なんでしょう。配役はまあいいです。玉木宏クンはホントにかっこよくて千秋のイメージです。上野樹里さんもあまりかわいこちゃんでなく2.7枚目程度のキャラでこれも適役かな。彼女は神戸の西の加古川出身なので基本は関西弁ですから早口でしゃべるとそれがチラッと出ますね。ちなみに神戸言葉の上手なのは浅野ゆうこさん、藤原紀香さん、そして上野樹里さんです。皆さん神戸近辺の出身だから当然ですが。しかし面白かった。テレビを見て大笑いしたのも久しぶり。真面目なのか変態なのかよくわからないけれど音楽それも厳しい課題に向かうと鬼のようになるこのコンビのドタバタはコミック同様楽しいです。2台のピアノのソナタも良かったですね。しかし本番でもCMでもプロコの「ロメ・ジュリ」が流れていたのは偶然でしょうか。次回も見ます。

| | Comments (4)

October 16, 2006

地デジに見とれる

新しいテレビをいろいろ設定したらやっと地デジが映ったのですが、これはホントにきれいです。大きな画面でも信号のアラが出ないのでちょうどDVDビデオを見ている感じですね。その他BS放送ももきれいに写ります。私はちょうど放送していた映画を1時間以上ずっと見ていましたがこんなことは初めてです。夜は奥さんが好きな大河ドラマをそれこそ息を詰めて見ていたしその後は息子がソファでまるで水族館のような映像を見つめていました。大昔初めてテレビが来たときや初めてカラーテレビを見たときのようです。今夜は「のだめカンタービレ」を見ようかなと考えております。音もまあいいので音楽番組も楽しいでしょうね。当分テレビで楽しめそうです。

| | Comments (2)

October 15, 2006

モーツアルト 交響曲40番

セル、クリーブランド管弦楽団で1967年の録音。いまさらと言われそうだがこれは本当にすばらしい名演だと思う。正直言うとセルは厳しい、という先入観があり聴く前に構えてしまうのだがモーツアルトでは実にすっきりとした軽やかな印象が残った。これもよく言われることだがアンサンブルが実に緻密で弦楽四重奏かなと思うときもあるほど。そのため重苦しさや押し付けがましさも皆無だ。カーゾンと共演したブラームスのピアノ協奏曲1番やベートーベンの3番ではたくましいという感じがあったがここではそれは無く、実に自然に音楽が流れる。本当にこれがセルとクリーブランドの正体なのだと思った次第。これまではベーム、BPOが本命だったが今日からセルに交代です。このCDには39番もありこれも文句なし。もっと彼のモーツアルトを聴かねば・・・

| | Comments (4) | TrackBack (1)

October 14, 2006

大きなテレビ

Tv今日32インチの液晶テレビが来ました。リビングで見ていた25インチのテレビの調子が悪く1年ほど前からリモコンが使えなくなり不便だったのとちょうど買い換えるチャンスが来たので代えましたが、前のテレビは20年以上見ていたから償却は終わっています。32インチでも狭い我が家には大きいのですが薄いので上にラジカセや花瓶が置けなくなりちょっと不便ですね(笑)。家では家族が集まってテレビを見る習慣が無く、特に食事中は私一人でもテレビは見ません。だからこのテレビはほぼ奥さん専用になるでしょうね。洗濯物をたたみながら見る楽しみができたようです。私のようにベッドで見る人間には20インチあれば十分ですね。それよりいろいろのチャンネルが見れるのでDVDレコーダーが欲しくなりました。テレビ右下は奥さんの愛したセラの写真です。

| | Comments (0)

October 09, 2006

ミューズの神を率いるアポロ

家でゴロゴロしていても3連休というのはありがたいものです。今日は朝から息子に友人宅まで送って欲しいと頼まれて私にとっては遠出をしました。軽だから加速はともかく80km/hくらいならハンドルも足回りもしっかりしていて購入前の予想通りなので満足でした。燃費計などが付いていて、昨日からの通算が14km/Lでこれも大満足。10秒おきにカウントしていくのだが下り坂でアクセルを離すと40km/Lで、上り坂は8km/L、信号待ちのときは0km/L(そりゃ分母が0だからね)と本当に面白い。いつのまにかエコ運転を心がけるようになる。さて、最近はいろいろCDは聴いているのだが聴いて満足してもエントリーする筆、いやキーボードが進まない。タイトルはストラヴィンスキーのバレエ曲で、新古典主義時代のものとはいえ彼の曲からこんな美しいメロディーが聴けるとは思いもしないステキな曲。演奏はカラヤン、BPO(弦楽器のみ)で1973年の録音だがこれがまためっぽう美しい。美しすぎてストラヴィンスキーのおやじは気に入らないでしょうが、気に入った曲はとことん自分のものにするカラヤンってやはりすごいと思う。写真の無いのは廉価盤のためです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2006

いよいよ秋本番

2週間ぶりの更新です。先週の土・日は忙しかったのです。車を買い換えました。14年前の車(乗ったのは7年)がそろそろくたびれてきたので調査していたのですが先週の土曜日に1時間半の交渉で決め、1週間後の昨日が納車日でした。今度は軽自動車です。ほとんど通勤用だし普段も5kmくらいの行動半径なので軽で十分なんです。座面が高いので乗り降りもしやすくCDも聴けるし余りスピードを出さない私には十分です。さて、朝夕は寒いくらいになっていよいよ秋本番ですね。先週まで半そでだったのが昨日など長袖でも薄ら寒かったです。秋らしい花は咲かないかと庭を見たけれどいつも元気なバラが咲いていました。

Rose


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »