« 酔芙蓉の花 | Main | またまた芙蓉ですが »

September 10, 2006

バーンスタインのドヴォルザーク「新世界より」

Dvorak9lb_2標題にあえて「バーンスタインの」と書いたのはmozart1889さんの記事を読んで、これは面白そうだと図書館で借りて聴いたらやっぱり彼の思い通りの演奏でホント楽しかったのです。ただこのスピード感は快適ですがアンサンブルは確かに荒い。プロデューサーのジョン・マックルーアも困ったろうな。「レニー、ちと荒すぎるで。もうちょっと何とかならんやろか。」「そないゆうても今日中に終わらなあきまへんのやろ。これが精一杯や。」「そやな、まあええか。ほな、いてまえ!」と言うようなやり取りは無かったでしょうがとにかくあちこちで「いてまえ!」が散見されるけれど感動的な演奏であります(笑)。もちろんボヘミアの香りなんか全然ありまへん。一緒に入っているスラブ舞曲も勢いがあって楽しいけれど「モルダウ」はリズムがスイングするようでちょっと違和感ありですね。ここらがカラヤンに嫌われる所以かな。

|

« 酔芙蓉の花 | Main | またまた芙蓉ですが »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

yurikamomeさん
そうなんですか。ものすごい売れっ子でしたからリハーサルの時間も充分取れなかったのでしょうね。私はあまりアンサンブルの粗いのは気にしないのでこういった勢いのある演奏が大好きです。コメントありがとうございました。

Posted by: よし | September 11, 2006 at 08:12 AM

mozart1889さん
ふざけて書きましたが本当に快演ですね。
ドヴォルザークもアメリカという新世界で心が浮き立っていたのではないでしょうか。「売られた花嫁」の序曲が聴きたかったです。

Posted by: よし | September 11, 2006 at 08:08 AM

この頃、レニーは自分の不遇をプロデューサーに涙ながらに訴えていたのだそうですね。
彼自身辛かったのでしょう。

Posted by: yurikamome122 | September 10, 2006 at 09:23 PM

今晩は。
ご紹介、ありがとうございました。
バーンスタイン/NYPの演奏は、本当に気持ちいいくらいの快速ですね。猛烈なダッシュが実に快感です。
後年のDGの再録音は、第2楽章がもたれるほど遅いので違和感がありました。
アンサンブルは荒いんですが面白さではこの旧盤が断然ですね。

Posted by: mozart1889 | September 10, 2006 at 08:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/11832341

Listed below are links to weblogs that reference バーンスタインのドヴォルザーク「新世界より」:

» バーンスタイン/NYPのドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」 [クラシック音楽のひとりごと]
涼しい一日でした。 9月に入って、秋を思わせる涼風。窓を開けて寝ていると寒いくらい。 予報によれば残暑はまだ続くらしいんですが、徐々に秋めいてゆくんでしょう。 クラシック音楽にはエエ季節です。 さて、今日は名曲中の名曲を。 交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」。 レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏。 1962年4月16日、ニューヨークでの録音。ソニーの2枚組廉価盤LP。(カップリングはチャイコフスキーの「悲愴」だった)。 抜群に面白い... [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 08:10 PM

« 酔芙蓉の花 | Main | またまた芙蓉ですが »