« | Main | いよいよ秋本番 »

September 24, 2006

ショスタコヴィッチ 交響曲11番「1905年」

Shosta11セミヨン・ビシュコフとベルリンフィルの演奏で1987年3月の録音。ビシュコフは同じくBPOとのコンビによるショスタコヴィッチの5番がデビュー盤だったと思うが、意外におとなしくて少々がっかりした記憶がある。この11番はソヴィエト第一次革命の「1905年」を副題にしており、その1月9日の大虐殺を描いているわけだがBPOの威力もあって大変な迫力。1楽章からティンパニの独奏(?)が続き、2楽章は金管が吠え、4楽章のクライマックスではチューブラー・ベル(だと思うが)の衝撃音で終わるという少々疲れる音楽ではあります。ショスタコヴィッチは標題の付かない交響曲の方が好きですね。でもビシュコフはパリ管に行ったとこまでは知っているけれどレコーディングのニュースは聞かないですね。

|

« | Main | いよいよ秋本番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

5番はバーンスタインのような迫力ものと冷静な演奏に別れるようですね。ロストロポーヴィッチも静かな部類でした。この11番はなかなか聴かせる要素は多いのですがどうしても10番と比較してしまいます。

Posted by: よし | September 30, 2006 at 05:29 PM

ビシュコフのショスタコーヴィチ5番は、僕も聴きました。おとなしい感じの演奏でした。同感です。
彼の指揮では、メンデルスゾーンの交響曲3番と4番を聴いていますが、これも騒々しくないシックな演奏でした。
外見より穏やかな(顔が濃いですよね、この人)演奏をする人じゃないかと思っています。

Posted by: mozart1889 | September 30, 2006 at 09:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/12021827

Listed below are links to weblogs that reference ショスタコヴィッチ 交響曲11番「1905年」:

« | Main | いよいよ秋本番 »