« グリーグ 2つの悲しき旋律 | Main | 盆休みが始まりました »

August 10, 2006

ブラームス 交響曲1番

レナード・バーンスタインとVPOのコンビによる定評のある演奏を久しぶりに聴く。ブラ1にはまっていたLPの時代はワルター、ショルティ、ケルテス、マゼール、ベーム、そしてバーンスタインなどあれこれ聴いていたがCDになって最初に買ったのはこのバーンスタインのもの。ベートーベンでも言われていたがこのコンビは本当に相性が良いと思う。まだまだ元気の良かった彼が少々暴れてもVPOが柔らかく抑えて美しい仕上げになる相乗効果がすばらしい。最晩年のシベリウスのようにもたれるところもなく力と心のこもった名演奏になっている。朝早かったのでヘッドフォンで聴いたが楽器の配置や音色が良くわかりおまけにレニーの歌声まで聴けた。そういえば同じコンビのブラームスの3番は最初に買ったCDだが途中で「パラパラ」というような小さなノイズが聴こえたので販売店で交換してもらった。しかし交換したCDも同じ箇所で「パラパラ・・」。何度も聴きかえしたら楽譜をめくるときの音だと分かり改めてCDの解像度のよさに感心した覚えがある。さて、来週は夏休みなのでゆっくりと大曲が聴ける。楽しみデス。

|

« グリーグ 2つの悲しき旋律 | Main | 盆休みが始まりました »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

コメントありがとうございます。
晦渋なブラームスを爽やかに演奏した始めてのコンビではないでしょうか。4番はLPで持っていますがこれも良かったです。

Posted by: よし | August 15, 2006 at 09:21 AM

バーンスタインとウィーン・フィルの演奏は、このブラームスやベートーヴェンなど、本当に素晴らしかったですね。
この2つの全集は、私がクラシック音楽を聴き始めた頃に発売されたものでして、とても懐かしいです。
ホンマにいいコンビでしたね。
バーンスタインのブラームスでは1番と4番が気に入っています。

Posted by: mozart1889 | August 14, 2006 at 05:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/11371560

Listed below are links to weblogs that reference ブラームス 交響曲1番:

« グリーグ 2つの悲しき旋律 | Main | 盆休みが始まりました »