« 無線LANを改良 | Main | シベリウス 交響曲1番 »

July 29, 2006

マーラー 交響曲10番

Mahler10_1永年眠っていたCDを聴く。シャイー、ベルリン放送交響楽団でクックの3稿による演奏。マーラーの交響曲を揃えようと買った時は6000円ほどした。今なら全集が買えるのに。最初に聴いた時、これがマーラーなんだろうかと思ったが今も印象は同じ。確かにほとんど未完成の原稿に他人が加筆したものだから作曲者本人の意図が出るわけも無いがそれにしても味付けの薄い音楽だと思う。ただシャイーが美しく演奏しているのが分かるようになったし、音響を楽しむという意味では録音もすばらしいけれどマーラーを聴くときのあの緊張感は皆無だ。でも1楽章がほぼ完成していたというのだからこれがマーラーの最後の境地なのか。よく言われる9番を超える苦しみが出たのかそれとも奥さんアルマへの悩みのためなのか。Wikipediaを見るとクックの3稿による演奏として挙げられていたザンデルリンク、インバルは持っているので今後聴き比べようと思う。

|

« 無線LANを改良 | Main | シベリウス 交響曲1番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

ドクター円海山さん
TBありがとうございます。
おかげさまでさまざまな情報を得ることが出来ました。
あまり難しいことを考えないタチなんですが(笑)この曲が少し面白くなりました。深い洞察の貴ブログもよく覗いていますのでこれからもよろしくお願いします。

Posted by: よし | August 03, 2006 at 06:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/11140821

Listed below are links to weblogs that reference マーラー 交響曲10番 :

» オーマンディーのマーラー 交響曲10番再々発売 [六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-シカゴ響でブルックナーを聞き比べるコアさの件について]
Symphony 10: Great Performances Mahler Phl Ormandy / Sony スコア選択: ★★★★★ 去年の特集で言及した音盤はよいよ六月初旬に再々発売となる。 密林に吉報あり。 当録音は、ゴルシュミッドの演奏と企画のBBCの放送断片であるクックの第1稿をテープによって聴いた、アルマ及び意思を次いだ娘アンナによって齎された、ぜ途絶部分を補完できる骨格資料に基いて。初めて全曲が露になったクック版の第二稿を録音しており、現行の版と細部が異なることと、... [Read More]

Tracked on August 03, 2006 at 04:09 PM

« 無線LANを改良 | Main | シベリウス 交響曲1番 »