« 梅雨入り | Main | ジョン・カルショーの本を読み終わって »

June 11, 2006

イベール 「バッカナール」

図書館で借りたCD。メインはもちろん「寄港地」だけど、フルート協奏曲、「モーツアルトへのオマージュ」、「交響組曲パリ」・・・などイベールの珍しい曲が満載。演奏はデユトア、モントリオール交響楽団。当然のごとくどの曲も色彩豊かだし各ソロも上手でおまけに録音が良い。私はイベールを真面目に聴くのが初めてだけどこんなに楽しいとは知らなかった。さて、標題の「バッカナール」だが聴き始めて一瞬「剣の舞」かと思ったほどリズムが似ている。あれほど土俗的でもないし演奏時間ももっと長く10分ほどでアンコールピースには最適だろう。それにしてもOSMは本当に上手なオケだと思う。他の曲でもあちこちにちりばめられる管楽器のソロが実に見事。とにかく難しいことを言わず楽しんで聴けるCDでした。

|

« 梅雨入り | Main | ジョン・カルショーの本を読み終わって »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/10480551

Listed below are links to weblogs that reference イベール 「バッカナール」:

« 梅雨入り | Main | ジョン・カルショーの本を読み終わって »