« スメタナ「我が祖国」 アーノンクール | Main | 五月の庭1 »

April 30, 2006

ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番

Rachmaninov2連休とは言ってもカレンダ通りなので普通の土・日と同じ過ごし方でした。とにかくタイガースが綱渡りの試合をしてくれるのでハラハラしながら応援するのに連日午後ほとんどの時間を使っております。で、今日もやっと勝ったので記事を書く気になりました。演奏はボレットのピアノ。デュトア、OSMのバック、DECCAのデジタル録音でまことに美しい演奏です。ボレットのピアノもデュトアの指揮もロシア音楽と言うよりフランス音楽といった風情で、しつこくなくそしてロマンティックな好演です。誰でも知っている曲ですが名曲というのは本当に上手くできているものだと感心させられました。さて、バイクで近場を回ってきた息子の報告ではどこも車で一杯とのこと。家にいて正解でした。

|

« スメタナ「我が祖国」 アーノンクール | Main | 五月の庭1 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/9830695

Listed below are links to weblogs that reference ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番:

« スメタナ「我が祖国」 アーノンクール | Main | 五月の庭1 »