« 春の休日は | Main | やっぱりNS1000M »

March 26, 2006

魔笛

魔笛のDVDを借りました。レヴァインの指揮、メトロポリタン歌劇場のオケ、フランシスコ・アライサのタミーノ、キャスリーン・バトルのパミーナ、クルト・モルのザラストロといった配役でなかなか見応えがあり本当に楽しかった。クルト・モルの貫禄はすばらしいし歌も重厚そのもの。アライサも端正な顔立ちで歌も上品でいい。そしてやはりバトルのチャーミングな歌唱が最高に魅力的。この人最高音域も柔らかく決して絶叫しないのでこういったメルヘンオペラには最適です。夜の女王は高域のノビがもうひといきかな。あと、狂言回しというか準主役のパパゲーノ役のマンフレート・ヘムの歌と楽しい演技がすばらしく、愉快な演出もあってこのオペラを楽しくしている。相手役のパパゲーナ役のバーバラ・キルダフも可愛い。そして最後にレヴァインの見事さを誉めないわけには行かないだろう。ブレンデルと組んでシカゴ饗を振ったベートーベンでも触れたがアメリカのオケからこれだけ柔らかい響きを出せるのは彼だけではないだろうか。レパートリーも広く、もう現存の大指揮者と言っても良いでしょう。小澤さんの次は彼がウィーンの総監督になると思っている。

mateki1

mateki2

mateki3

mateki4


|

« 春の休日は | Main | やっぱりNS1000M »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/9265658

Listed below are links to weblogs that reference 魔笛:

« 春の休日は | Main | やっぱりNS1000M »