« ベートーベン 交響曲3番 | Main | クレンペラーとアンセルメ »

March 19, 2006

価値ある1勝

WBCの韓国戦に勝って決勝進出。素直にうれしい。このうれしさは勝った事ではなく判定をめぐるいやな思いを吹き飛ばしてくれたことにある。また韓国に勝って決勝に進めたことも意義がある。上原のがんばりは称えられるべきだし不調の福留が2ランを打ち他の選手もみんな全力で勝ち取った価値ある1勝だ。アメリカは審判の努力にもかかわらず準決勝にも進めなかったし。今日は思わず「正義は勝つ」なんて思ったけれどまあ王さんの苦労が報いられたと言うことです。ほんとによかった。

|

« ベートーベン 交響曲3番 | Main | クレンペラーとアンセルメ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/9159936

Listed below are links to weblogs that reference 価値ある1勝:

« ベートーベン 交響曲3番 | Main | クレンペラーとアンセルメ »