« ショスタコヴィッチ 24のプレリュードとフーガ | Main | キーワードバトン »

February 25, 2006

ワルターのリハーサル

今日は暖かくて気持ちの良い日だったので恒例となった図書館通いも楽しい。開館と同時に入ると大きなかばんにいっぱい絵本を入れて返しに来た子供もいる。まずは受付で借りたいDVDのリストを見せるが今日も貸し出し中。で、思いついて「トゥーランドット」を訊ねるとこれも貸し出し中。係りの女性と「金メダルの曲だからね」と顔を見合わせて苦笑い。結局若いときのアバドを観たくて「セビリアの理髪師」を借りた。あとはCDコーナーを見ていたら結構借りたいものがあったけれどワルターとコロンビア交響楽団のベートーベン交響曲全集の2番目を借りた。5,8,9番はともかくリハーサルCDのあるのが決めてだった。早速家で聴いてみる。むかーし聴いた覚えがあるけれど「Good afternoon gentlemen」の挨拶のあと「We do second movement of the 4」と4番の2楽章の練習が始まる。最初は第2バイオリンの刻みを「パパン、パパン、・・・・」と指示し、次は第2フルートに強弱の指示を出し、第1ヴァイオリンにはメロディーを歌ってみせ、あとビオラ、オーボエなどにも次々指示を出し2楽章だけでも結構時間をかけるのだからリハーサルって本当に大変だと分かる。ベルリンフィルはどんな曲でもリハは3回だと聞いたがオケの基本能力の差もあるのだろう。でも曲が進むにつれてワルターの声も大きくなり生き生きとしてくるのが分かる。ワルターはカラヤンと違って声もいいし楽員には「Gentlemen」「dear・・・」と実に紳士的に接していて彼の人柄の良さも分かる。しかし女性団員はいなかったのかな。このCDにはあと7番の1楽章、9番の2楽章のリハーサルも入っていて本当に面白いです。

|

« ショスタコヴィッチ 24のプレリュードとフーガ | Main | キーワードバトン »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

yurikamomeさん
コロンビア饗は人数が少ないので響きの良いホールで録音したのではと聞きましたが確かに残響が多かったです。特に第9の練習でティンパニが遅れて聴こえたのですが本番を聴いてみます。でも練習風景を聴くと容易な気持ちで聴けなくなりますね。バトンは何とかアップしましたが古い話ばかりで恐縮です。

Posted by: よし | February 26, 2006 at 12:05 PM

ミー太さんはDVDでご覧になられたのですね。
実際の棒の振り方も興味あります。
しかし指揮者って大変ですね。
見ているほうは面白いのですが。

Posted by: よし | February 26, 2006 at 12:01 PM

名指揮者のリハーサルは、その言葉がとても感心することがあります。聴き手の私たちもとても参考になると思います。以前LPのモーツアルトの36番にリハーサル風景が付いていまして、それは聴いたことがありました。あれはリハーサルを進めながら録音を平行していたように記憶があります。なるほどこういう録音の方法もあるのかと感心しました。
ところで、バトンをお願いできないでしょうか?。勝手に指名させて頂いたので、気が向かなければスルーでも結構です。よろしかったらということでお願い致します。
勝手なお願いですみません。

Posted by: yurikamome122 | February 26, 2006 at 07:46 AM

よし様 こんばんは
私は以前、DVDでワルター氏が確かニューヨーク・フィルを指揮するリハーサルを見たことがあります。曲目は、ブラームス氏の第2交響曲の第1楽章。この映像を拝見して、ワルター氏が演奏から感じる印象と同じなんだと、妙に納得しました。
ベートーヴェン様の曲のリハーサルですかぁ~、聴いてみたいですね。

Posted by: みー太 | February 25, 2006 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/8830074

Listed below are links to weblogs that reference ワルターのリハーサル:

» XiaoYeさんからいただいた「ランダムバトン」 [yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真]
これは「」の中を廻してくれた人の指定したキーワードで答えていくもので、実は以前にいただいていたものを、バトン好きの私としてはうっかり見落としてしまいました。本当にごめんなさい。 で、戴いたキーワードは「曲(クラシック、演歌、童謡なんでも)」 ということで、いってみましょう。 Q1.パソコン又は本棚に入っている「曲」は? う~ん。パソコンには今は入っていません。パソコンで音楽を聴ける環境ではないのです。残念ながら。。。。 本棚には曲ではないですが、今までいったコンサートのプログラムが少々... [Read More]

Tracked on February 26, 2006 at 08:05 AM

« ショスタコヴィッチ 24のプレリュードとフーガ | Main | キーワードバトン »