« 図書館に行きました | Main | DVDでカルメンを観る »

February 05, 2006

いろいろといそがしい休日

昨日は買い物と図書館、今日は買い物とオートショップで老いる高官(オイル交換だよ!)しました。でも本当に忙しかったのはある秘密プロジェクトの達成のためなのです。で、今日ほぼ成功しました。ホンマしんどかった。でも何とか動作できたのでうれしい。要するにフリーソフトを上手く動作させることなんですがそのマニュアルも英語なのでよけいに疲れた次第です。でも合間を縫ってテレビを見たり音楽も聴きました。テレビはシャラポアとヒンギスのテニスがよかった。シャラポアはもう強すぎて憎らしいので今回はブランクを乗り越えて見事カムバックしたヒンギスを応援しました。大人になった彼女の笑顔はステキでした。音楽では苦手だったヤナーチェクの弦楽四重奏曲「クロイツェル・ソナタ」、演奏も同じ名前のヤナーチェククワルテット。車の中で聴いていたのですが、この作曲家のどこかこの世離れして東洋的な旋律が妙に心に残りました。他の四重奏曲も聴いてみよう。そして今日はまずブラームスのドイツレクイエム。EMI録音のカラヤン、BPO、トモア・シントウ、ファン・ダム他。わたしは声楽曲は苦手なんですがこの壮麗な響きには魅せられます。ウィーンのコーラスやソロも文句無く美しい。ブラームスのよさが全面的に出た良い曲ですね。お次は昨日借りたマーラーの3番。ブレーズ、VPO、オッター。大体予想したようにきちんとした進め方で文句は無いけれどショルティに比べても面白みやメルヘンな雰囲気には乏しいと思います。このコンビの6番はそれなりに推進力が強くかなりの名演だと思うけれど3番はわたくし的にはまあ準推薦です。ただ、録音がとても良いというよりダイナミックレンジが広すぎて小さな部屋で聴いているとちょっとつらいものがありますがこれはCDのせいではありません。ウィーンフィルの3番として大きな価値があります。以上、わたくし的には本当に忙しい休日でした。

|

« 図書館に行きました | Main | DVDでカルメンを観る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

3番は自然との絡みの深い作品だと思いますので少しアバウトな演奏の方が好きですね。ブーレーズは7番か10番がぴったりだと思います。図書館では普段聴かないようなレパートリーを借りようと思います。DVDのオペラ全集が有るのでこれが楽しみです。

Posted by: よし | February 08, 2006 at 04:55 PM

図書館にブーレーズ指揮のマーラー3番があるなんて、羨ましいです。四国の田舎都市ではなかなかクラシック音楽は置いていないです。
ブーレーズのマーラーはクッキリ・スッキリ、情緒のかけらもない演奏なんですが、これも一つの方向なのかなと思います。

ショルティに比べてメルヘンな雰囲気が乏しい・・・・確かにその通りですね。世評高いのでついついブーレーズを買うんですが、ショルティの方がピンと来ます。好みの問題なんでしょうけれど。

Posted by: mozart1889 | February 08, 2006 at 01:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/8518086

Listed below are links to weblogs that reference いろいろといそがしい休日:

« 図書館に行きました | Main | DVDでカルメンを観る »