« モーツアルト ピアノソナタ2番 | Main | ハッピー バースディ »

January 09, 2006

ミトロプーロス

schumann3いつもお世話になるromaniさんのブログでミトロプーロスがシューマンを振った記事を見て家にも何かあったはずと探したら彼が1946年にシューマンの3番を入れた歴史盤のCDが出てきた。オケは同じくミネアポリス交響楽団。ミトロプーロスはニューヨークフィルの常任になってからLPが出だしたが、私が最初に買ってもらったLPがカサドジュとの「皇帝」だったのでよく覚えている。ギリシャ人の指揮者とフランス人のピアノでオケはアメリカというグローバルなメンバーだがもちろん演奏は立派なものだった。彼の音楽知識はすばらしくて尊敬のまとだったがジャケット右下の写真で分かるように見事なハ○頭で、口の悪いライナーは「(脳みそに一杯詰まっている)音符が(髪の毛を)突き上げたんだ」と言ったとか。シューマンの演奏はオケを目一杯ドライブしてフィナーレまで一気に突き進む覇気にあふれたものだったがさすがに音が少し悪いのが気になる。実は今回エントリーしようと思ったのはその後に入っていたプロコフィエフのピアノ協奏曲の3番を聴いてからなんです。1946年の録音でこれはピアノも彼の演奏とあるので本当かと何度もジャケットを見たほど。オケはフィラデルフィア・ロビンフッド管弦楽団とあるが達者なオケなので多分フィラデルフィア管弦楽団だろう。そしてミトロプーロスのピアノが信じられないほど上手い。弾き振りでこれだけすばらしいプロコの演奏ができるとは本当に驚き。私も尊敬しましたよ。ちなみに写真の左上はサバータで、こちらの1枚は1939年にベルリンフィルとの録音で「トリスタンとイゾルデ」前奏曲、R・シュトラウス「死と変容」、そして1946年ロンドン交響楽団との「ローマの謝肉祭」、1948年サンタ・チェチーリアとの「ウィリアム・テル序曲」、ヴェルディの「椿姫」前奏曲などが入っている。以外に音もよく十分鑑賞に耐える名演奏。いずれのオケも柔らかい響きを出しているのが印象的。なるほど世紀の名指揮者って看板に偽りなしということを実感した次第。ただこういった古い録音のCDはあまり音量を上げない方がきれいに聴こえる。

|

« モーツアルト ピアノソナタ2番 | Main | ハッピー バースディ »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
ミトロプーロスのマラ6は、書きたかったのですが、まだエントリーできておりませんでした。
昔の記事で恐縮ですが、アバドの新盤がでたときのエントリーをTBさせていただきました。

Posted by: romani | January 15, 2006 at 10:57 PM

コメントありがとうございます。
ミトロプーロスは余計な思い入れを入れず、バーンスタインとは正反対の指揮者だと思うのですが、大いなる情熱も感じます。ケルンとのマーラー6番を注文しましたので聴いてみますね。

Posted by: よし | January 15, 2006 at 10:54 AM

こんばんは。
お誕生日おめでとうございます。
ミトロプーロス、記事に書かれているとおりピアノも一流なんですよね。
私も驚きました。
ところで、最近彼の演奏で凄いと思ったのは、ケルン響と組んだマーラーの6番です。
熱いし緊張感も半端じゃありません。2枚組のグレイトコンダクターシリーズにも入っていますので、もし機会があれば是非聴いてください。

Posted by: romani | January 14, 2006 at 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/8077265

Listed below are links to weblogs that reference ミトロプーロス:

» アバド&ベルリンフィル マーラー:交響曲第6番「悲劇的」 [ETUDE]
ゴールデンウィークが終わってしまいました。 さすがに今日の午前中は仕事のテンションがあがらず、若干自己嫌悪気味。 GWの想い出(?)に、連休最後のほうで何度も聴いたこの曲の感想を。 <曲目>  マーラー:交響曲第6番「悲劇的」 <演奏>  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  クラウディオ・アバド(指揮)  (2004年6月 ライブ録音) アバドは変わった。 あの大病を克服して、音楽の質が確かに変わった。 T�... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 10:53 PM

« モーツアルト ピアノソナタ2番 | Main | ハッピー バースディ »